お面屋たまよし

講談社文庫
オメンヤタマヨシ
お面屋たまよし
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

面作師見習いとして、「お面屋たまよし」の屋号で面を売りながら旅を続ける少年・太良と甘楽。彼らが夜にだけ商う“妖面”を被れば、誰でも好きな姿に化けられる。しかし心が負の感情に傾けば、人ならぬものと化し、二度と元に戻れない。それでも人々は不思議な妖面を求めて、夜ごとお面屋を訪れては、欲と願いを満たそうとする。人の業にふれながら旅を続ける二人は何を見つめているのか。時代ファンタジー新登場!

目次

  • 御招山からの使者
  • 枯れない花
  • へそ曲がりの雨宿り
  • ある兄の決断

製品情報

製品名 お面屋たまよし
著者名 著:石川 宏千花
発売日 2015年10月15日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-293226-4
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2012年10月、小社より単行本として刊行されました。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス