歴史家が見る現代世界

講談社現代新書
レキシカガミルゲンダイセカイ
  • 電子あり
歴史家が見る現代世界
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「現代」はいつから始まったのか? 「近代」と「現代」は何が変わったのか? そもそもどのようにして「時代区分」をするのか? 近年、歴史学の潮流は急速に変化してきた。視野の狭い国別の歴史にとらわれて、世界規模で進む大きな歴史のうねりを見逃してはならない。ハーバード大・歴史学部の名誉教授が書き下ろした、「現代世界」を考えるための手引き書。(講談社現代新書)


【目次】

第1章 歴史をどうとらえるか
第2章 揺らぐ国家
第3章 非国家的存在の台頭
第4章 伝統的な「国際関係」はもはや存在しない
第5章 普遍的な「人間」の発見
第6章 環地球的結合という不可逆の流れ
結 語 現代の歴史と記憶

目次

  • 第1章 歴史をどうとらえるか
  • 第2章 揺らぐ国家
  • 第3章 非国家的存在の台頭
  • 第4章 伝統的な「国際関係」はもはや存在しない
  • 第5章 普遍的な「人間」の発見
  • 第6章 環地球的結合という不可逆の流れ
  • 結 語 現代の歴史と記憶

製品情報

製品名 歴史家が見る現代世界
著者名 著:入江 昭
発売日 2014年04月18日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-288257-6
通巻番号 2257
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:入江 昭(イリエ アキラ)

1934年、東京生まれ。日本の高校を卒業後、1953年、グルー基金の奨学生として貨物船で渡米。ハヴァフォード大学卒業後、ハーヴァード大学大学院歴史学部博士号(歴史学)取得。専攻は米国外交史・国際関係史。シカゴ大学教授などを経て、現在、ハーヴァード大学名誉教授。アメリカ歴史学会の会長もつとめた。著書に『太平洋戦争の起源』『二十世紀の戦争と平和』(ともに東京大学出版会)、『日本の外交』『新・日本の外交』(ともに中公新書)、『権力政治を超えて』(岩波書店)、『歴史を学ぶということ』(講談社現代新書)などがある。

オンライン書店で見る