ゼロからわかる 経済学の思考法

講談社現代新書
ゼロカラワカルケイザイガクノシコウホウ
  • 電子あり
ゼロからわかる 経済学の思考法
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

経済学は小難しい? ちっとも現実を説明してくれない役立たず? 旧態依然とした教科書的解説を一切廃し、その本質とロジックを平易に語る。経済学の見方を塗り替える魅惑の講義、ここに開講! ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。(講談社現代新書)

目次

  • 開講の前に 経済学って何なんだ?
  • 第1講 経済活動にも法則性がある?
  • 第2講 モノを交換する意味
  • 第3講 お金はなぜ必要か
  • 第4講 オークションが導く価格
  • 第5講 社会の協力を描写する
  • 第6講 グループの離反をふせぐ方法
  • 第7講 「社会の協力」から「需要・供給の原理」へ

製品情報

製品名 ゼロからわかる 経済学の思考法
著者名 著:小島 寛之
発売日 2012年10月18日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-288178-4
通巻番号 2178
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:小島 寛之(コジマ ヒロユキ)

1958年東京都生まれ。東京大学理学部数学科卒業。同大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士。現在、帝京大学経済学部経済学科教授。数学エッセイストとしても活躍。
主な著書に『文系のための数学教室』『数学でつまずくのはなぜか』(ともに講談社現代新書)、『数学入門』『使える!確率的思考』『使える!経済学の考え方』(以上、ちくま新書)、『数学的思考の技術』(ベスト新書)、『天才ガロアの発想力』(技術評論社)などがある。

オンライン書店で見る