大震災後の社会学

講談社現代新書
ダイシンサイゴノシャカイガク
著・編:遠藤 薫 著:高原 基彰 著:西田 亮介 著:新 雅史 著:関谷 直也
大震災後の社会学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「未曾有」と形容される東日本大震災は、日本の社会がいままでつくりあげてきたシステムの問題を顕在化させることになった。これらの問題とは、震災によって新たに明らかになったというより、問題点が指摘されながらも、はっきりと誰にもわかる形で露呈したという性格が強い。
政治・国家の不在、防災システムの問題、先延ばしにしてきた地域振興の問題、メディアを巡る問題、私たちはこの震災を転機として、新たな社会をよりよいものとして、つくっていくことができるのか。
本書では、編著者のもと、西田亮介、高原基彰、関谷直也、新雅史といった期待の若手社会学者がそれぞれのフィールドで、震災と社会についてレポートする。
彼らのレポートから見えてくる日本社会のシステムの問題と解決へのヒント。

目次

  • 序 章 東日本大震災と社会(遠藤薫)
  • 第1章 大震災と社会変動(遠藤薫)
  • 第2章 グローバル世界のなかの東日本大震災(遠藤薫)
  • 第3章 東日本大震災にみる日本型システムの脆弱性(高原基影)
  • 第4章 地域経済復興における「セーフティネット『選択と集中』の輻輳」(西田亮介)
  • 第5章 災害ボランティア活動の「成熟」とは何か(新雅史)
  • 第6章 日本の防災システムの陥穽(関谷直也)
  • 第7章 震災とメディア(遠藤・西田・関谷)
  • 終 章 日本の明日(遠藤薫)

製品情報

製品名 大震災後の社会学
著者名 著・編:遠藤 薫 著:高原 基彰 著:西田 亮介 著:新 雅史 著:関谷 直也
発売日 2011年12月16日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-288136-4
通巻番号 2136
判型 新書
ページ数 328ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス