調べる技術・書く技術

講談社現代新書
シラベルギジュツカクギジュツ
  • 電子あり
調べる技術・書く技術
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

テーマ選び、資料収集法、質問の作り方から、
インタビューの実際、原稿執筆のコツまで──
第一線のジャーナリストがすべて明かす

これがプロの「知的生産術」だ!

【目次】

第一章 テーマを決める

第二章 資料を集める

第三章 人に会う

第四章 話を聞く

第五章 原稿を書く

第六章 人物を書く

第七章 事件を書く

第八章 体験を書く

目次

  • 第1章 テーマを決める
  •      テーマは書き尽くされているか/見慣れたテーマが“化学反応”を起こす
  •      技術はあとからついてくる/テーマ決定のチェックポイント/とにかく動いてみる etc.
  • 第2章 資料を集める
  •      情報不足を避ける/情報収集の方法/袋ファイルのすすめ/自家製デスク
  •      バックナンバーの探し方/単行本の読み方/図書館の利用法/活字以外の記録 etc.
  • 第3章 人に会う
  •      取材対象の選び方/取材依頼の作法/取材を断られたとき
  •      質問項目/遠慮は禁物/取材道具/取材当日/電話取材、メール取材
  • 第4章 話を聞く
  •      取材のイメージ/(1)話の聞き方/(2)ノートのとり方/(3)人物・情景の見方
  •      第3の眼をもつ/(4)インタビューのあとで/取材相手から信用されるには etc.
  • 第5章 原稿を書く
  •      原稿を書く前に/構成を決めてから書くか/ペン・シャープナー/チャート
  •      書き出しに全神経を注ぐ/書き出しの名文/書き出してから/仲介者になる/推敲する etc.
  • 第6章 人物を書く
  •      基本は人物ノンフィクション/取材中の問題意識/構想の変化
  •      心理描写のルール/シークエンシャル・インタビューの限界
  • 第7章 事件を書く
  •      未知の場所で取材開始/水先案内人を探す/「ハルナ」に辿り着くまで
  •      水先案内人・知恵袋・キーパーソン/真空地帯
  • 第8章 体験を書く
  •      体験エッセイを例にして/下調べをやめた理由
  •      自分でテーマを見つけるために/豊かになる

製品情報

製品名 調べる技術・書く技術
著者名 著:野村 進
発売日 2008年04月18日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-287940-8
通巻番号 1940
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社現代新書
初出 本書はインターネット新聞『日刊ベリタ』に連載された「野村進のジャーナリスト講座 ノンフィクションを書く」2003年4月16日号~2008年4月21日号を大幅に加筆・修正したもの。

オンライン書店で見る