小沢一郎 淋しき家族の肖像

講談社+α文庫
オザワイチロウサビシキカゾクノショウゾウ
小沢一郎 淋しき家族の肖像
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「日本の為にならない人間とわかり離婚いたしました」(妻・和子の手紙)
妻・和子の「離縁状」をスクープした著者による衝撃ノンフィクション。妻と三人の息子は、なぜ小沢のもとを去ったのか。隠し子と愛人の存在、父・佐重喜との確執、母・みちの溺愛……。
家族の亀裂――。
それが「政治家・小沢」崩壊の引き金だった。

目次

  • 第一章 妻・和子からの「離縁状」
  • 第二章 被災者・黄川田徹の告白
  • 第三章 小沢一郎に嫁いで
  • 第四章 父親の証
  • 第五章 佐重喜とみちの秘密
  • 第六章 永田町の父と母
  • 第七章 淋しき小沢の王国
  • 第八章 家族と王国の崩壊
  • 対談/佐高信

製品情報

製品名 小沢一郎 淋しき家族の肖像
著者名 著:松田 賢弥
発売日 2016年08月19日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-281686-1
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本書は、2013年6月に文藝春秋より刊行された『小沢一郎 淋しき家族の肖像』を文庫化にあたり、加筆・修正したものです。

著者紹介

著:松田 賢弥(マツダ ケンヤ)

1954年岩手県北上市生まれ。業界紙記者を経てジャーナリストとなり、『週刊現代』『週刊文春』『文藝春秋』などを中心に執筆活動を行う。故・小渕首相元秘書官のNTTドコモ株疑惑をはじめ、政界について多くのスクープ記事を執筆。小沢一郎について20年以上取材を続け、その後の「陸山会事件」追及の先鞭をつけた。妻・和子からの「離縁状」をスクープしたことで第19回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞を受賞。著書に、『影の権力者 内閣官房長官菅義偉』『絶頂の一族 プリンス・安倍晋三と六人の「ファミリー」』(講談社)、『権力者 血脈の宿命 安倍・小泉・小沢・青木・竹下・角栄の裸の実像』(さくら舎)、『小沢一郎 淋しき家族の肖像』(文藝春秋)ほか多数ある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス