絶望の国の幸福な若者たち

講談社+α文庫
ゼツボウノクニノコウフクナワカモノタチ
  • 電子あり
絶望の国の幸福な若者たち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

格差社会のもと、その「不幸」が報じられる若者たち。だが、統計によれば、20代の75%が現在の生活に「満足」している!これまでの若者論を覆す現実を前に、本書の立場はシンプルだ。――悲観論にも感情論にも意味はない。いまメディアを席巻する若き論客が、徹底的に現場を取材し考えた「代表作」! 解説・中森明夫「古市憲寿とは何者か? 佐藤健との対談収録!


SEALDsの台頭、下流老人の増加を予見し「日本の社会」の見方を塗り替えた衝撃作をあらたに大改訂した決定版!

解説・中森明夫「古市憲寿とは何者か?」
俳優・佐藤健との対談を収録

格差社会のもと、その「不幸」が報じられていた若者たち。
しかし、統計によれば8割の若者が現在の生活に「満足」している!
その指摘で若者論を一新した古市憲寿の代表作に、新たに約200の脚注を追加。
26歳の古市憲寿が描いた「若者」像を、30歳になった著者自身が「答え合わせ」。
さらに未来のために各章に追記を加えた、この国と「若者」のすべてがわかる決定版!

目次

  • 第1章 「若者」の誕生と終焉
  • 「若者」って誰だろう?
  • 若者論前夜
  • 焼け野原からの若者論
  • 「一億総中流」と「若者」の誕生
  • そして若者論は続く
  • #追記 それでも若者論は続く
  • 第2章 ムラムラする若者たち
  • 「内向き」な若者たち
  • 社会貢献したい若者たち
  • ガラパゴスな若者たち
  • モノを買わない若者たち
  • 「幸せ」な日本の若者たち
  • 村々する若者たち
  • #追記 二〇一五年の「希望」と「絶望」
  • 第3章 崩壊する「日本」?
  • ワールドカップ限定国家
  • ナショナリズムという魔法
  • 「日本」なんていらない
  • #追記 「日本」はいつから始まったか?
  • 第4章 「日本」のために立ち上がる若者たち
  • 行楽日和に掲げる日の丸
  • お祭り気分のデモ
  • 僕たちはいつ立ち上がるのか?
  • 革命では変わらない「社会」
  • #追記 デモは日本を変えるのか?
  • 第5章 東日本大震災と「想定内」の若者たち
  • ニホンブーム
  • 反原発というお祭りの中で
  • 災害ディストピア
  • #追記 東日本大震災は日本を変えたのか?
  • 第6章 絶望の国の幸福な若者たち
  • 絶望の国を生きるということ
  • なんとなく幸せな社会
  • 僕たちはどこへ向かうのか?
  • 佐藤健(二二歳、埼玉県)との対話
  • 解説―古市憲寿とは何者か?中森明夫

製品情報

製品名 絶望の国の幸福な若者たち
著者名 著:古市 憲寿
発売日 2015年10月21日
価格 定価 : 本体780円(税別)
ISBN 978-4-06-281612-0
判型 A6
ページ数 432ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本書は、2011年9月に小社より刊行された『絶望の国の幸福な若者たち』を、加筆の上、文庫化したものです。

著者紹介

著:古市 憲寿(フルイチ ノリトシ)

1985年東京都生まれ。
東京大学大学院博士課程在籍。慶應義塾大学SFC研究所訪問研究員(上席)。株式会社ぽえち代表取締役。専攻は社会学。
若者の生態を的確に描出し、クールに擁護した著書『絶望の国の幸福な若者たち』(講談社)で注目される。大学院で若年起業家についての研究を進めるかたわら、マーケティングやIT戦略立案、執筆活動、メディア出演など、精力的に活動する。
著書に、『誰も戦争を教えられない』(講談社+α文庫)、『保育園義務教育化』(小学館)、『だから日本はズレている』(新潮新書)、『希望難民ご一行様』(光文社新書などがある。

関連シリーズ

オンライン書店で見る