<図解>配線で解く「鉄道の不思議」 東海道ライン編

講談社+α文庫
ズカイハイセンデトクテツドウノフシギトウカイドウラインヘン
  • 電子あり
<図解>配線で解く「鉄道の不思議」 東海道ライン編
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

カラー写真&図版満載!
地図やデータだけではわからない、鉄道の魅力を再発見!

全国・全路線の鉄道配線を紹介する唯一の書籍として、ファンから熱狂的な支持を受ける『【図説】日本の鉄道』シリーズの、特集ページを再編集した「保存版」を文庫化。配線図からわかる鉄道のミステリーを、豊富なカラー写真とともに著者ならではの洞察、分析で解き明かしていきます。第1弾は「東海道ライン編」。日本の鉄道の大動脈として物流を支えてきた東海道線は知られざるミステリーの宝庫。歴史と謎の正体から鉄道の真実に迫ります。

※本書は2010年3月に小社より刊行された『【図説】日本の鉄道 保存版 発掘・発見! 鉄道・配線のミステリー 東海道ライン編』を文庫化にあたり改題・再編集したものです。

目次

  • まえがき
  • 第1章 駅と配線のミステリー
  • 第2章 知られざる鉄道史
  • 第3章 配線図を楽しむ 絶景・名所クローズアップ
  • おわりに

製品情報

製品名 <図解>配線で解く「鉄道の不思議」 東海道ライン編
著者名 著:川島 令三
発売日 2012年12月21日
価格 定価 : 本体819円(税別)
ISBN 978-4-06-281500-0
判型 A6変型
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 2010年3月に小社より刊行された「【図説】日本の鉄道 保存版 発掘・発見!鉄道・配線のミステリー 東海道ライン編」を文庫化にあたり改題・再編集したもの。

著者紹介

著:川島 令三(カワシマ リョウゾウ)

川島令三(かわしま・りょうぞう)
1950年、兵庫県に生まれる。鉄道アナリスト。芦屋高校鉄道研究会、東海大学鉄道研究会を経て鉄道図書刊行会に勤務、「鉄道ピクトリアル」「電気車の科学」を編集。 現在は「鉄道アナリスト」として執筆を中心に活動中。早稲田大学非常勤講師。鉄道友の会会員。全国鉄道利用者会議会員。
著書には『全国鉄道事情大研究』シリーズ(草思社)、『新線鉄道計画徹底ガイド』 シリーズ(山海堂)、『徹底チェック』車両シリーズ、『鉄道再生論』(以上、中央書院)、『日本の鉄道名所100を歩く』『鉄道カレンダー』『至高の名列車名路線の旅』(以上、講談社+α新書)、『〈図解〉日本三大都市 幻の鉄道計画』『〈図解〉 日本三大都市 未完の鉄道路線』『〈図解〉超新説 全国未完成鉄道路線』(以上、 講談社+α文庫)、『〈図解〉新説 全国寝台列車未来予想図』(以上、講談社)などがある。

オンライン書店で見る