記憶の果て(下)

講談社文庫
キオクノハテゲ
  • 電子あり
記憶の果て(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

実際に存在した裕子は十七年前すでに自殺していると安藤に告げる母。父は自殺した娘の生まれ変わりとして、コンピューターにプログラムしたのではないか? 安藤は脳科学を扱う父の研究所や、裕子の本当の母親の元を訪ね回る。錯綜する人間関係が暴かれる衝撃的結末は、凡百のミステリーの常識を破壊する。

本書は先行作品に対する敬意ある挑発である。――京極夏彦(ノベルス刊行時)
(第5回メフィスト賞受賞作)

製品情報

製品名 記憶の果て(下)
著者名 著:浦賀 和宏
発売日 2014年03月14日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-277810-7
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1998年2月、講談社ノベルスとして刊行された。2001年8月、文庫化にあたり大幅に改稿した。2014年3月、上下巻に新装した。

著者紹介

著:浦賀 和宏(ウラガ カズヒロ)

1978年12月8日生まれ。1998年、第五回メフィスト賞を受賞して作家デビュー。京極夏彦の絶賛を受ける。講談社ノベルスより多数著作を発表。作品には『女王暗殺』『萩原重化学工業連続殺人事件』『生まれ来る子供たちのために』 『地球人類最後の事件』 『堕ちた天使と金色の悪魔』『世界でいちばん醜い子供』などがある。幻冬舎文庫『彼女は存在しない』がベストセラーになり話題に。最新刊は『彼女のため生まれた』(幻冬舎文庫)

オンライン書店で見る