記憶の果て

講談社文庫
キオクノハテ
記憶の果て
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

親父が死んだ。自殺だった。俺は安藤直樹。親父が残したパソコンのなかにいるのは裕子。いや違う、あれは単なるプログラムにすぎない。でもプログラムに意識が宿ったのならば……。いったい彼女は何者なんだ! 徹底した方法意識に貫かれたテクストが読者を挑発する、第5回メフィスト賞に輝くデビュー作。(講談社文庫)


本書は先行作品に対する敬意ある挑発である。――京極夏彦
第5回メフィスト賞受賞作

親父が死んだ。自殺だった。俺は安藤直樹。親父が残したパソコンのなかにいるのは裕子。いや違う、あれは単なるプログラムにすぎない。でもプログラムに意識が宿ったのならば……。いったい彼女は何者なんだ! 徹底した方法意識に貫かれたテクストが読者を挑発する、第5回メフィスト賞に輝くデビュー作。

製品情報

製品名 記憶の果て
著者名 著:浦賀 和宏
発売日 2001年08月10日
価格 定価 : 本体952円(税別)
ISBN 978-4-06-273228-4
判型 A6
ページ数 600ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 備考参照