慈悲をめぐる心象スケッチ

講談社文庫
ジヒヲメグルシンショウスケッチ
  • 電子あり
慈悲をめぐる心象スケッチ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」。はたしてそうなのか。著者は反芻(はんすう)し、問い直す。しかし賢治はそう確信して「慈悲」を希求し、それゆえ自らに怒りを向ける。「世界のぜんたい」に人生を捧げる。痛ましいほど美しく清らかな賢治の想いを、同じく文学と宗教に生きる著者が描く。(講談社文庫)


宮澤賢治が求めて止まなかった「慈悲」と「利他」への想いを、同じく文学と宗教に生きる著者が、せつなくも実感を込めて描く。

「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」。はたしてそうなのか。著者は反芻(はんすう)し、問い直す。しかし賢治はそう確信して「慈悲」を希求し、それゆえ自らに怒りを向ける。「世界のぜんたい」に人生を捧げる。痛ましいほど美しく清らかな賢治の想いを、同じく文学と宗教に生きる著者が描く。

――なにより人間の情愛は特定の相手に束縛されることであり、慈悲はその束縛から解放されて初めて発現する。古いウパニシャッドに「心の結び目をほどくこと」と表現されるのもそういうことである。愛は結び、慈悲はほどくのだ。――<本文より>

目次

  • まえがき 檻のなかの篝火
  • 第一章 「春と修羅」の周辺
  • 第二章 愛と慈悲、そして行き過ぎる表現
  • 第三章 動物への慈悲、あるいは美しき徒花
  • 第四章 静なる職業と慈悲
  • 第五章 自力の慈悲、他力の慈悲
  • 第六章 慈悲と通信
  • 第七章 「もう一つの国」と植物たち
  • 第八章 田園とインドラの網
  • 第九章 慈悲のからだと「雨ニモマケズ」
  • 第十章 「聴く」という慈悲
  • あとがき 拈華苦笑?

製品情報

製品名 慈悲をめぐる心象スケッチ
著者名 著:玄侑 宗久
発売日 2011年01月14日
価格 定価 : 本体495円(税別)
ISBN 978-4-06-276797-2
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2006年8月に、小社より単行本として刊行されたもの。

オンライン書店で見る