筋違い半介

講談社文庫
スジチガイハンスケ
  • 電子あり
筋違い半介
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「筋 のとおった話は虫が好かねえ」……旗本の三男に生まれ、先祖も父も「ばか者」と切り捨て家を出た、岡っ引・半介が活躍する表題作。凶作に苦しむ村人を尻目に、米をたらふく食らう村役。それに腹を立てた村の男は、驚きの復讐法を考えた「口増やし」ほか、全7編。大胆な設定に、丁寧な筆致。時代小説の新星のデビュー作。

製品情報

製品名 筋違い半介
著者名 著:犬飼 六岐
発売日 2008年12月12日
価格 定価 : 本体629円(税別)
ISBN 978-4-06-276236-6
判型 A6
ページ数 392ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2006年3月、小社より単行本として刊行。

著者紹介

著:犬飼 六岐(イヌカイ ロッキ)

1964年大阪生まれ。大阪教育大学卒。公務員、ゲームのシナリオライター等を経て、2000年「筋違い半介」で第68回小説現代新人賞を受賞し、デビュー。人情、ユーモア、剣戟を兼ね備えた新しい時代小説の書き手として注目を集めている。 他の著作に『吉岡清三郎貸腕帳』『無双十文字槍 鬼坊主末法帖』『やさぐれ品川宿悪人往来』がある。

オンライン書店で見る