十津川警部 湖北の幻想

講談社文庫
トツガワケイブコホクノゲンソウ
  • 電子あり
十津川警部 湖北の幻想
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

歴史のifに十津川が挑む壮大なミステリー浪漫! 時代小説作家の広沢は自分の妻を戦国時代の美女になぞらえ「お市の方」と呼んでいた。しかし妻には愛人がおり、その男が刺殺体となって発見される。現場には「オイチ」とダイイングメッセージが。また柴田勝家が秀吉に勝っていたら、という広沢の歴史小説は事件にどう絡むのか。十津川が辿り着いた真相は? (講談社文庫)


歴史のifに十津川が挑む壮大なミステリー浪漫! 時代小説作家の広沢は自分の妻を戦国時代の美女になぞらえ「お市の方」と呼んでいた。しかし妻には愛人がおり、その男が刺殺体となって発見される。現場には「オイチ」とダイイングメッセージが。また柴田勝家が秀吉に勝っていたら、という広沢の歴史小説は事件にどう絡むのか。十津川が辿り着いた真相は?

製品情報

製品名 十津川警部 湖北の幻想
著者名 著:西村 京太郎
発売日 2008年10月15日
価格 定価 : 本体495円(税別)
ISBN 978-4-06-276177-2
判型 A6
ページ数 264ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 『小説現代』2005年3月~9月号を2005年10月講談社ノベルスとして刊行。

関連シリーズ

オンライン書店で見る