仮面の島 建築探偵桜井京介の事件簿

講談社文庫
カメンノシマケンチクタンテイサクライキョウスケノジケンボ
  • 電子あり
仮面の島 建築探偵桜井京介の事件簿
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

イタリア人実業家の亡夫から相続した、小島の館に隠棲する日本人女性=レニエール夫人。彼女から鑑定の依頼を受けヴェネツィアを訪れた神代教授と京介だったが、跡を追った深春、蒼と合流そうそう島の売却を巡るトラブルに巻き込まれる。そして不可解な殺人事件が! (講談社文庫)


舞台はヴェネツィア! トラベルミステリ編

イタリア人実業家の亡夫から相続した、小島の館に隠棲する日本人女性=レニエール夫人。彼女から鑑定の依頼を受けヴェネツィアを訪れた神代教授と京介だったが、跡を追った深春、蒼と合流そうそう島の売却を巡るトラブルに巻き込まれる。そして不可解な殺人事件が! 文庫版特典「蒼のヴェネツィア案内」も収録。

目次

  • 赤き死の仮面――女・Ⅰ
  • ガラス細工の貴婦人
  • 再会のピアッツァ
  • 元首の末裔
  • 浮かれ女の仮面――女・Ⅱ
  • 水の街の蒼
  • 伝説の島
  • 仮面をつけた恋人たち
  • 黒衣の男
  • 道化の仮面――女・Ⅲ
  • 装われた惨劇
  • 謀略のゲーム
  • 仮面の終焉
  • ラグーナに眠れ
  • 特別書き下ろし
  • 建築探偵的ヴェネツィア案内 by蒼

製品情報

製品名 仮面の島 建築探偵桜井京介の事件簿
著者名 著:篠田 真由美
発売日 2006年12月15日
価格 定価 : 本体762円(税別)
ISBN 978-4-06-275505-4
判型 A6
ページ数 520ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’00年4月講談社ノベルスとして刊行。文庫化にあたり、一部改筆。

オンライン書店で見る