ロールズ

ロールズセイギノゲンリ
ロールズ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

正義論は教説ではなく1つの活動である

正義の原理(principles of justice)
「公正としての正義」はどのようにして達成可能か。「最大幸福原理」のみを追求する功利主義の克服をめざしたロールズは、社会契約説を現代の視点から再構成した「正義の二原理」を提唱する。――選挙権・被選挙権を保障する政治的自由、言論・集会の自由、思想および良心の自由等の「基本的自由の権利」は平等に分配されること(第一原理)。(1)公正な機会均等を確保したうえで、(2)最も不遇な人びとの暮らし向きの改善を図り、社会的・経済的な不平等を調整する(第二原理)。この画期的な分配原理こそ、<自由で平等な人びとが友愛の絆で結ばれた社会>を実現する出発点になるだろう。

<付録>
著作ダイジェスト/キーワード解説/読書案内

製品情報

製品名 ロールズ
著者名 著:川本 隆史
発売日 2005年12月17日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-274360-0
判型 四六変型
ページ数 318ページ
初出 シリーズ「現代思想の冒険者たち」23巻『ロールズ』の新装版。