医療詐欺 「先端医療」と「新薬」は、まず疑うのが正しい

講談社+α新書
イリョウサギセンタンイリョウトシンヤクハマズウタガウノガタダシイ
  • 電子あり
医療詐欺 「先端医療」と「新薬」は、まず疑うのが正しい
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

STAP細胞騒動、終わりなき患者のたらい回し、何を信じてよいのかわからない高度医療の実態……、医療崩壊列島ニッポンで超高齢社会を生き抜くための知恵を、「医療ガバナンスの旗手」が授ける。本当に役立つ医療とは? 医療をダメにする本当の「癌」とは? 患者=一般市民だけが知らない「医療の不都合な真実」を糺す!

はじめに 患者と医師の間の不幸な誤解
不都合な真実 1 先端医療を食い物にする御用学者
不都合な真実 2 海外の特効薬が日本で承認されない理由
不都合な真実 3 大国立病院が軽症患者に占拠される実態
不都合な真実 4 救急車の患者たらい回しの「レッドゾーン」
不都合な真実 5 なぜ東北地方の急性白血病患者が多いのか
不都合な真実 6 薩長閥が作った歪な医師西日本偏重
不都合な真実 7 首都近郊の後期高齢者を待ち受ける地獄絵
不都合な真実 8 必須の「医学部新設」を阻む利権屋たち
不都合な真実 9 医療訴訟が本当に倒すのはだれか
不都合な真実 10 医療にも「ビジネスクラス」を

目次

  • はじめに 患者と医師の間の不幸な誤解
  • 不都合な真実 1 先端医療を食い物にする御用学者
  • 不都合な真実 2 海外の特効薬が日本で承認されない理由
  • 不都合な真実 3 大国立病院が軽症患者に占拠される実態
  • 不都合な真実 4 救急車の患者たらい回しの「レッドゾーン」
  • 不都合な真実 5 なぜ東北地方の急性白血病患者が多いのか
  • 不都合な真実 6 薩長閥が作った歪な医師西日本偏重
  • 不都合な真実 7 首都近郊の後期高齢者を待ち受ける地獄絵
  • 不都合な真実 8 必須の「医学部新設」を阻む利権屋たち
  • 不都合な真実 9 医療訴訟が本当に倒すのはだれか
  • 不都合な真実 10 医療にも「ビジネスクラス」を

製品情報

製品名 医療詐欺 「先端医療」と「新薬」は、まず疑うのが正しい
著者名 著:上 昌広
発売日 2014年07月23日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-272857-7
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:上 昌広(カミ マサヒロ)

東京大学医科学研究所特任教授、帝京大学医療情報システム研究センター客員教授。医学博士。
1968年、兵庫県生まれ。1993年、東京大学医学部医学科卒。東京大学医学部付属病院にて内科研修医となり、1995年、東京都立駒込病院血液内科医員。1999年、東京大学大学院医学系研究科博士課程を修了し、虎の門病院血液科医員に。2001年から国立がんセンター中央病院薬物療法部の医員も務め、造血器悪性腫瘍の臨床研究を行う。
2005年、東京大学医科学研究所先端医療社会コミュニケーションシステムを主宰し、医療ガバナンス、メディカルネットワークを研究。専門は血液・腫瘍内科学、真菌感染症学。

オンライン書店で見る