依存症のすべてがわかる本

健康ライブラリー
イゾンショウノスベテガワカルホン
依存症のすべてがわかる本
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ひと目でわかるイラスト図解
《講談社 健康ライブラリーイラスト版》

【やめたくても、やめられない! 依存症とはなにか】
家族を犠牲にし、心身をむしばむ依存症。始まりは底知れないさびしさから。
本書では対人依存、プロセス依存、物質依存の心理を追究し、「生き方の病」から回復するルートを探る。

【本書の主なポイント】
●なにかに依存せずにいられないのは、底知れないさびしさを埋めるため
●家族や周囲に迷惑をかける依存症は、治療がかかせない生き方の病
●人とかかわるなかで安心したい「対人依存」
●「○○していれば幸せ」――仕事依存、買い物依存症などの「プロセス依存」
●深刻な結果につながりかねないアルコール依存症、むちゃ食い依存などの「物質依存症」
●「どん底」を見せる家族の覚悟が、本人を変える再生への第一歩
●ヨコのつながりが得られる自助グループへの参加は最も重要な治療法

【本書の構成】
第1章 「どうしてもやめられない」――依存症とはなにか
第2章 「人とかかわるなかで安心したい」――対人依存
第3章 「○○していれば幸せ」――プロセス依存
第4章 「食べたい、飲みたい」――物質依存症
第5章 結果は本人が引き受ける――回復へのルート

目次

  • 《第1章 「どうしてもやめられない」依存症とはなにか》
  • 【2つの依存】依存症へと進むのは「悪い依存」
  • 【依存する心】さびしさを埋めて「安心」を得たい
  • 【依存症とは】行為や思考のコントロール障害
  • 【依存症の弊害】自分だけでなく家族や周囲をまきこむ
  • 【増加する背景】ストレス社会が依存症をつくり出す
  • 【よい依存】成長とともに「依存」も成就する
  • 【コラム】職場のストレス・ベスト10
  • 《第2章 「人とかかわるなかで安心したい」対人依存》
  • 【対人依存の心理】しがみつきたい、コントロールしたい
  • 【依存性人格障害】1/頼るだけで自分自身が確立していない 2/自分を犠牲にしても相手につくす 3/依存症とみなされる8つの診断基準
  • 【世話型依存】1/世話をすることが自分の存在意義 2/世話をされる側にも悪い影響が及ぶ 3/離れたくても離れられない「共依存」
  • 【職場依存】1/職場から見放されるのが恐ろしい 2/遅くまで残業を続ける3つの理由
  • 【コラム】トラブル解決役の「介入型依存」
  • 《第3章「〇〇していれば幸せ」プロセス依存》
  • 【プロセスの心理】解放されたい、ワクワクしたい
  • 【仕事依存】
  • 【買い物依存】
  • 【オタク的依存】
  • 【ギャンブル依存】
  • 第4章「食べたい、飲みたい」物質依存症
  • 【物質依存症の心理】心も体の気持ちよくなりたい
  • 【物質依存症のしくみ】脳を興奮させて快感を得る
  • 【アルコール依存症】
  • 【薬物依存症】
  • 【たばこ依存症】
  • 【むちゃ食い依存】
  • 《第5章 結果は本人が引き受ける》
  • 【否認】本人が依存症を自覚することから
  • 【生活習慣】1/ワーク&ライフバランスを見直す 2/健康な依存、よい依存へ移行する
  • 【対ストレス】1/ストレスの依存と程度に気づく 2/自分で自分をヒーリングしてあげる
  • 【家族の覚悟】つき離して「どん底」を見せることも
  • 【治療法】1/欠けた心を補う「個人精神療法」 2/ヨコのつながりが得られる「グループ参加」 3/物質依存症は4段階治療、入院も
  • 【コラム】借金でどうにもならなくなったら

製品情報

製品名 依存症のすべてがわかる本
著者名 監:渡辺 登
発売日 2007年08月11日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-259417-2
判型 B20取
ページ数 102ページ
シリーズ 健康ライブラリーイラスト版

著者紹介

監:渡辺 登(ワタナベ ノボル)

1976年日本大学医学部卒。80年同大学院(精神医学)修了。医学博士。84年国立精神衛生研究所研究員、厚生省保健医療局精神保健課併任。86年国立精神・神経センター精神保健研究所研究室長。現在は日本大学医学部精神医学系准教授、駿河台日大病院精神神経科部長。91年冲永賞受賞。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス