カレーライスの誕生

講談社選書メチエ
カレーライスノタンジョウ
カレーライスの誕生
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

インド由来の「食の王者」を巧みに変奏し、新作を開発する日本人。なぜ関西では牛肉、関東では豚肉なのか。福神漬との組み合わせは、いつ生まれたのか――。カレーライス誕生と作り手たちの知恵とドラマ。

目次

  • 〈プロローグ〉 カレーはじめて物語
  • 〈第1章〉 カレー美味の秘密
  • 1 スパイスに惹かれた人びと
  • 2 スパイスを愉しむ
  • 〈第2章〉 カレー伝来の道
  • 1 多様な国=インド
  • 2 英国を風靡したカレー
  • 〈第3章〉 カレー日本史事始
  • 1 食の文明開化
  • 2 お雇い外国人と西洋野菜
  • 3 カレー三種の神器
  • 〈第4章〉 カレー繁盛記
  • 1 和洋折衷カレーあれこれ
  • 2 即席カレー、カレー南蛮、カレーパン――カレー変奏曲
  • 3 明治の食卓
  • 〈第5章〉 カレー二都物語
  • 1 本格インドカレーの誕生――中村屋カレー物語
  • 2 繁盛する阪急百貨店食堂
  • 3 カレー、日本を駆け巡る
  • 〈第6章〉 カレーの戦後史
  • 1 貧困からの出発
  • 2 レトルトカレーが誕生したとき
  • 3 カレーの現代
  • 〈エピローグ〉 日本人の知恵とカレー

製品情報

製品名 カレーライスの誕生
著者名 著:小菅 桂子
発売日 2002年06月10日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-258243-8
通巻番号 243
判型 四六
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社選書メチエ