ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか

ブルーバックス
ロボットハナゼイキモノニニテシマウノカコウガクニタチハダカルキュウキョクノリキガクコウゾウ
  • 電子あり
ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ワイヤ駆動のヒューマノイドが、実はウマにそっくりだった! 自走するお掃除ロボットは「生きた化石」に酷似していた! ガラスを割らずに掴むロボットハンドが似てしまった、人体の意外な一部とは? 技術の粋を詰め込んだ先端ロボットが、なぜか生き物の体構造に近づいていく――。工学の視点から初めて見えてくる「生体」の精巧な力学構造を解き明かし、生き物の限界を超えるロボット機構学の挑戦を語る。


エンジニアの発想vs.自然界の創造力。

ワイヤ駆動のヒューマノイドが、実はウマにそっくりだった!
自走するお掃除ロボットは「生きた化石」に酷似していた!
ガラスを割らずに掴むロボットハンドが似てしまった、人体の意外な一部とは?
技術の粋を詰め込んだ先端ロボットが、
なぜか生き物の体構造に近づいていく――。
工学の視点から初めて見えてくる「生体」の精巧な力学構造を解き明かし、
生き物の限界を超えるロボット機構学の挑戦を語る。

目次

  • 第1章 それは「似せる」ことから始まった
  • 第2章 巨大ショベルカーとゾウがそっくり!?
  • 第3章 「足を動かす順序」まで似てしまう!?
  • 第4章 2足歩行ロボットはテニスプレーヤー!?
  • 第5章 柔らかいからだと柔らかい動き
  • 第6章 ロボット設計者が憧れる究極のモータ
  • 第7章 神は細部に宿る
  • 第8章 ロボットと生き物の境界線
  • 第9章 神様に素朴な質問を投げかけてみる
  • エピローグ 「カンブリア紀」に向かうロボットたち

製品情報

製品名 ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか
著者名 著:鈴森 康一
発売日 2012年04月20日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-257768-7
通巻番号 1768
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ ブルーバックス

おすすめの本

オンライン書店で見る