鳥獣戯画

文芸(単行本)
チョウジュウギガ
  • 電子あり
鳥獣戯画
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人間が考えることなど動物は何もかもお見通しなのだ。

二十八年間の会社員生活を終え自由の身となった小説家。
並外れた美貌を持ちながら結婚に破れた女優。
「鳥獣戯画」を今に伝える名刹を興した高僧。
父親になる三十歳の私。恋をする十七歳の私。

語りの力で、何者にもなりえ、何処へでも行ける。
作家生活10周年の著者が小説の可能性を極限まで追い求める、最大級の野心作。

目次

  • 凡庸さは金になる
  • 美人
  • 犬の血液型
  • 逃避行
  • 伴侶
  • 明恵上人
  • 型のようなもの
  • 護符
  • 文覚
  • 妨害
  • 承久の乱
  • 入滅
  • 携帯電話
  • 警官
  • 卒業式
  • 達成なのか? 停滞なのか?
  • 暗黒大陸じゃがたら
  • 佐渡

製品情報

製品名 鳥獣戯画
著者名 著:磯崎 憲一郎
発売日 2017年10月31日
価格 定価 : 本体2,000円(税別)
ISBN 978-4-06-220807-9
判型 四六
ページ数 288ページ
初出 「群像」2016年2月号~2017年8月号

著者紹介

著:磯崎 憲一郎(イソザキ ケンイチロウ)

1965年千葉県生まれ。2007年「肝心の子供」で第44回文藝賞を受賞し小説家デビュー。2009年「終の住処」で第141回芥川賞、2011年『赤の他人の瓜二つ』でBunkamuraドゥマゴ文学賞、2013年『往古来今』で泉鏡花文学賞を受賞。他の著書に『『眼と太陽』『世紀の発見』『電車道』など。

オンライン書店で見る