銀河鉄道の父

文芸(単行本)
ギンガテツドウノチチ
  • 電子あり
  • 受賞作
銀河鉄道の父
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

明治29年(1896年)、岩手県花巻に生まれた宮沢賢治は、昭和8年(1933年)に亡くなるまで、主に東京と花巻を行き来しながら多数の詩や童話を創作した。
賢治の生家は祖父の代から富裕な質屋であり、長男である彼は本来なら家を継ぐ立場だが、賢治は学問の道を進み、後には教師や技師として地元に貢献しながら、創作に情熱を注ぎ続けた。
地元の名士であり、熱心な浄土真宗信者でもあった賢治の父・政次郎は、このユニークな息子をいかに育て上げたのか。
父の信念とは異なる信仰への目覚めや最愛の妹トシとの死別など、決して長くはないが紆余曲折に満ちた宮沢賢治の生涯を、父・政次郎の視点から描く、気鋭作家の意欲作。

目次

  • 1 父でありすぎる
  • 2 石っこ賢さん
  • 3 チッケさん
  • 4 店番
  • 5 文章論
  • 6 人造宝石
  • 7 あめゆじゅ
  • 8 春と修羅
  • 9 オキシフル
  • 10 銀河鉄道の父

製品情報

製品名 銀河鉄道の父
著者名 著:門井 慶喜
発売日 2017年09月13日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-220750-8
判型 四六変型
ページ数 416ページ
初出 本書は「小説現代」2016年10月号から2017年7月号に連載されたものに、加筆、修正しました。

著者紹介

著:門井 慶喜(カドイ ヨシノブ)

1971年群馬県生まれ。同志社大学文学部卒業。2003年、オール讀物推理小説新人賞を「キッドナッパーズ」で受賞しデビュー。'15年に『東京帝大叡古教授』が第153回直木賞候補、'16年に『家康、江戸を建てる』が第155回直木賞候補となる。'16年に『マジカル・ヒストリー・ツアー ミステリと美術で読む近代』で日本推理作家協会賞(評論その他の部門)、同年咲くやこの花賞(文芸その他部門)を受賞。他の著書に『パラドックス実践 雄弁学園の教師たち』『屋根をかける人』『ゆけ、おりょう』、共著『決戦! 新選組』などがある。

お知らせ・ニュース

関連サイト
直木賞受賞作家・門井慶喜さんは子供のころにどんな本を読んでいた?
今年1月、『銀河鉄道の父』で第158回直木賞を受賞した門井慶喜さん。受賞作は宮沢賢治の父親にスポットを当てた物語。他にも、美術や建築などを含め歴史が絡む作品を多く発表している門井さん。その礎を築いたのはどんな読書体験だったのだろう。
関連サイト
【本TUBEニュース】宮沢賢治の父を書いた動機とは?
第158回直木賞を受賞した『銀河鉄道の父』作者・門井慶喜さんのインタビューが「本TUBE」で公開されました。

なぜ、宮沢賢治の父である政次郎を小説にしようと思ったのか、そのきっかけも語られます。
特集・レビュー
『銀河鉄道の父』直木賞秘話──「偉大な父とドラ息子」エピソードに鳥肌!
宮沢賢治は父とは異なり、社会性や生活力には著しく欠けていた。最愛の妹トシとの死別など、紆余曲折に満ちた賢治の生涯を、父の視点から描いた『銀河鉄道の父』。今回の直木賞受賞を受けて、著者の門井慶喜さんと前担当編集の岡本淳史、現担当の小林龍之が語り合った。
お知らせ
門井 慶喜氏 受賞コメント動画
第158回 直木三十五賞を受賞した『銀河鉄道の父』著者・門井 慶喜氏の受賞コメントです。
受賞作
『銀河鉄道の父』…第158回直木三十五賞 受賞 (2018.1.16)

オンライン書店で見る