真夜中の探偵

文芸(単行本)
マヨナカノタンテイ
真夜中の探偵
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

第二次世界大戦後、南北に分割された日本。北海道は〈日ノ本共和国〉として独立。日本国内では北のスパイが暗躍し、政府は国内外に監視の目を光らせている。平世元年に私立探偵による警察類似行為を禁じる法律が成立して以来、探偵狩りは激しさを増している。
平世22年──。空閑純(そらしず・じゅん)は、17歳。両親ともに有名な探偵だが、母の朱鷺子〈水無月〉は5年前から行方不明。父の誠〈調律師〉は昨年、警察類似行為で逮捕され、収監されている。
ある日、父母に仕事を仲介していた押井照雅という人物と会える機会が訪れ、母が失踪直前に手掛けていた事件の調査で九州へ行ったことを知る。数日後、押井の別邸で水に満たされた木箱に入った溺死体が発見される。被害者は元探偵で〈金魚〉と呼ばれていた男だった。容疑者リストに入った純は、自ら「水の棺」の謎を解くために調査をはじめる。
純は探偵としての一歩を踏み出せるのか、母の行方の手がかりはえられるのか……?

目次

  • 序章 サイレン
  • 第1章 MIDNIGHT BLUE
  • 第2章 扉が開くまで
  • 第3章 BC
  • 第4章 溺れた金魚
  • 第5章 二つの捜査会議
  • 第6章 探偵死すべし
  • 終章 潮騒

製品情報

製品名 真夜中の探偵
著者名 著:有栖川 有栖
発売日 2011年09月15日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-217225-7
判型 四六
ページ数 356ページ