生物化するコンピュータ

セイブツカスルコンピュータ
生物化するコンピュータ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 未来のコンピュータは生物と見分けがつかなくなる? 自分で自分を修理するロボット、DNAや細菌を使う超並列コンピュータ、耐久性の低下を自ら知らせてくれる橋……。生物が備える賢い仕組み「学習」「進化」「適応」を取り込んだデジタル技術が私たちの生活を一変させる。宇宙工学、金融、医学などさまざまな分野で生物とコンピュータの融合はどこまで進んでいるのか。生物化するコンピュータの研究で世界をリードする科学者15人が語る未来像。

目次

  • はじめに
  • 第一部 アダプティブ・コンピューティング
  •  第一章 ロドニー・ブルックス――アニマル・ルール
  •  第二章 グレン・リーヴズとエイドリアン・ストイカ――遠い惑星へ向かうための設計
  •  第三章 章 ルイス・クオルス――設計チームを進化させる
  •  第四章 ジェイク・ラヴレスとアムルト・バハランベ――大きな波に乗る
  •  第五章 ナンシー・レヴェソン――「それがシステムなんだよ、お馬鹿さん」
  • 第二部 生きた素材を利用する
  •  第六章 ネッド・シーマン――生命の端っこ
  •  第七章 ポール・ローゼムント――命あるものは芸術を装う
  •  第八章 スティーブ・スキエナ――バグをプログラミングする
  •  第九章 ジェラルド・サスマン――一〇億個の生物コンピュータを作る
  •  第一〇章 ラディカ・ナグパル――ローカルからグローバルへ
  • 第三部 物理学と速度
  •  第一一章 モンティ・デノー――スピードの設計者
  •  第一二章 デヴィッド・ショー――アントンと偉大なフェムトスコープ
  •  第一三章 ジョナサン・ミルズ――自然現象を利用する
  •  第一四章 スコット・アーロンソン――物理学の新法則を見つけ出す
  • おわりに
  • ナチュラル・コンピューティング年表

製品情報

製品名 生物化するコンピュータ
著者名 著:デニス・シャシャ 著:キャシー・ラゼール 訳:佐藤 利恵
発売日 2013年09月19日
価格 定価 : 本体2,800円(税別)
ISBN 978-4-06-216534-1
判型 四六
ページ数 274ページ

著者紹介

著:デニス・シャシャ(デニス・シャシャ)

ニューヨーク大学クーラント研究所教授。近年、生物学者とともに、マイクロアレイ、組合せデザイン、ネットワーク・インターフェースに関するパターン発見に取り組んでいる。

著:キャシー・ラゼール(キャシー・ラゼール)

フリーライター。英国経済情報評価機関エコノミスト・インテリジェント・ユニットの元編集員。大手金融機関やコンサルティング会社、法律事務所向けに、コーポレート・ファイナンスとテクノロジーに関する著述を数多く手掛けてきた。

訳:佐藤 利恵(サトウ リエ)

翻訳家。訳書に『世界でいちばん従業員を愛している会社』(辰巳出版)、『レックス 母と自閉症の息子、ふたりの人生を変えた音楽』(主婦の友社)、『幸せな億万長者になる賢者ソロモン王の教え 富と成功を生む7つの成功法則』(メトロポリタンプレス)などがある。