危険学のすすめ

キケンガクノススメドアプロジェクトニマナブ
危険学のすすめ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

続発する「身近な危険」発生のメカニズムを解き明かす――
エレベーター挟まれ事故/学校シャッター落下事故/回転ドア挟まれ事故/ベビーカー引きずられ事故…など
「失敗学」は、「危険学」に進化した。

従来型の考え方では、なぜうまくいかないのか。
たとえば、作業手順を示している「マニュアル」には「ここを通れ」というような指示しか書かれていない。これを読めばたしかにそのやり方はわかるが、どこにどんな危険があるかという知見は得られない。そのため「マニュアル」が想定していない問題が起こったときには対処ができないということが必ず起こるのである。一方、「べからず集」には行動に関する制約がたくさん書かれているが、ここにもやはり、危険のそばを通過する方法に関する知見はいっさいない。「マニュアル」も「べからず集」も、危険防止の役割はほとんど果たしていないのである。――<第1章より>

製品情報

製品名 危険学のすすめ
著者名 著:畑村 洋太郎
発売日 2006年07月27日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-213529-0
判型 四六
ページ数 286ページ