海霧 下

文芸(単行本)
ウミギリ
海霧 下
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

馬を駆る娘がいた 野望を秘めた若者もいた

多彩な一族が織りなす 北の地の物語

〈作者のことば〉
「海霧」は、生家をモデルにした一族の物語である。物語である以上、すべて事実であるわけはなく、虚と実とがないまぜになった小説ということになろう。すべてが虚であり、すべてが実であると作者は言いたいけれど、実の部分について触れるなら生家は女系であった。父親と馬首を並べて根室まで買付けに行き、ときには沖積みまで指図して、26歳の若さで世を去った祖母……。彼女は少女時代の私のヒロインであった。この物語のパン種は、明治の昔に早世した女人にあるのかもしれない。

製品情報

製品名 海霧 下
著者名 著:原田 康子
発売日 2002年10月10日
価格 定価 : 本体2,300円(税別)
ISBN 978-4-06-211418-9
判型 四六変型
ページ数 512ページ
初出 備考参照