失楽園(上)

文芸(単行本)
シツラクエン01
失楽園(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

命削る性愛〔エロス〕の讃歌。 驚異の画期的大作! 『失楽園』の連載を書き終えて、正直な感想は「疲れた」の一語に尽きる。 わたしは今回の小説を書きながら恋をしていたが、それは現実と夢と交錯しながらのもので、くわえて過去の恋や、その折々にきいて感じた音楽や情景なども思い起こし、いわゆる圧倒的な恋愛状態に浸って、書き続けるように努めてきた。 そのことはまた、毎日の構想を練り、原稿を書く段階になるたびに、自らが久木と凛子になりきることで、これほど深く、主人公にのり移って書いたことはなかった。 ともかくいま、わたしは小説が頭や知識でなく、全身で書く格闘技であることを改めて知った。――著者・渡辺淳一

製品情報

製品名 失楽園(上)
著者名 著:渡辺 淳一
発売日 1997年02月20日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-208573-1
判型 四六
ページ数 308ページ