若山牧水随筆集

講談社文芸文庫
ワカヤマボクスイズイヒツシュウ
  • 電子あり
若山牧水随筆集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「白鳥はかなしからずや空の青海のあをにも染まずただよふ」「幾山河越えさり行かば寂しさのはてなむ国ぞ今日も旅ゆく」広く愛誦される牧水の歌は、明治末年、与謝野晶子等「明星」派の歌人とは異質の歌風によって世に迎えられた。旅・自然・漂白の歌人と評された彼の代表的短歌120首と紀行文「山旅の記」、父母のことや自らの生い立ちを綴った「おもいでの記」のほか「石川啄木の記」などを収録。

製品情報

製品名 若山牧水随筆集
著者名 著:若山 牧水
発売日 2000年01月07日
価格 定価 : 本体1,050円(税別)
ISBN 978-4-06-197695-5
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は、1992年12月~1993年12月増進会出版社刊「若山牧水全集」第3巻、6巻~9巻、12巻、13巻、補巻を底本とした。

オンライン書店で見る