新・平家物語(十五)

シン・ヘイケモノガタリ
  • 電子あり
新・平家物語(十五)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

義経必死の腰越状も、兄頼朝の勘気を解く手だてにはならなかった。義経斬るべしの声は、鎌倉方の決意となってゆく。そして堀川夜討ちは、両者決裂の烽火であった。頼朝は大軍を率いて黄瀬川に布陣。運命の皮肉と言おうか、あのとき手を取り合った弟を討つための夜営になろうとは!この日から義経は失墜の道を歩む。波荒し大物の浦、白魔に狂う吉野山。悲劇は義経1人にとどまらない……。


時の流れが、頼朝・義経兄弟の溝を深くする。義経必死の腰越状も、頼朝の勘気をとく手だてにはならなかった。義経斬るべしの声は、鎌倉方の決意になってゆく。そして堀川夜討ちは両者決裂の烽火であった。

製品情報

製品名 新・平家物語(十五)
著者名 著:吉川 英治
発売日 1989年10月02日
価格 定価 : 本体773円(税別)
ISBN 978-4-06-196561-4
判型 A6
ページ数 478ページ

オンライン書店で見る