死体農場

講談社文庫
シタイノウジョウ
死体農場
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

教会からの帰途、11歳のエミリーを何者かが尾行し、自宅のベッドから連行のうえ殺害した。死体の内腿と胸の上部及び肩の肉は切りとられていた。極秘の研究所「死体農場(ボディ・ファーム)」の協力のもと、ケイと殺人課刑事マリーノの、極悪犯に対する凄絶な死闘が始まった。世紀のベストセラー「検屍官シリーズ」好評第5弾! (講談社文庫)


大好評の検屍官シリ-ズ興奮と感動の第5弾11歳のエミリ-・スタイナ-が暴行死体となって発見された。2週間前に13歳の少年が同じ無惨な殺され方をしていた。ケイと刑事マリーノの執拗な捜査が始まる

製品情報

製品名 死体農場
著者名 著:パトリシア・コーンウェル 訳:相原 真理子
発売日 1994年12月07日
価格 定価 : 本体781円(税別)
ISBN 978-4-06-185836-7
判型 A6
ページ数 502ページ
シリーズ 講談社文庫