『ギロチン城』殺人事件

講談社ノベルス
ギロチンジョウサツジンジケン
『ギロチン城』殺人事件
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

密室に残されていたのは斬首死体と伝説のロシア人形。
物理トリックの名手・北山猛邦が放つ本格ミステリ!

人形塚に残されていた「Help」という文字を書く書記人形と女性写真。この謎に迫るため探偵の幕辺(まくべ)と学生の頼科(よりしな)は人形の出所『ギロチン城』へ。密室で起きた城主斬首殺人事件という過去、外界を拒絶した構造、多くの処刑具、過剰なセキュリティが存在するこの異様な館で2人を待ち受けていたのは新たな密室殺人!物理トリックの名手・北山猛邦の<城>シリーズ第4弾!!

製品情報

製品名 『ギロチン城』殺人事件
著者名 著:北山 猛邦
発売日 2005年02月09日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-182416-4
判型 新書
ページ数 280ページ
シリーズ 講談社ノベルス