孔子・老子・釈迦「三聖会談」

講談社学術文庫
コウシ・ロウシ・シャカサンセイカイダン
孔子・老子・釈迦「三聖会談」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

孔子・老子・釈迦の三聖が一堂に会し、自らの哲学を語りあうという奇想天外な空想てい談。三聖の世界観や人間観、また根本思想や実際行動が、比較対照的に鮮やかに語られる。東洋思想のユニークな入門書。

目次

  • 1.会場の選定
  • 2.好ましきもの
  • 3.孔夫子の出処進退
  • 4.太上老君と釈尊の生涯
  • 5.三聖の人間観
  • 6.死生とはなにか
  • 7.釈尊の「空」について
  • 8.太上老君の「無」と孔夫子の「天」
  • 9.「中」について
  • 10.仁・慈・慈悲について

製品情報

製品名 孔子・老子・釈迦「三聖会談」
著者名 著:諸橋 轍次
発売日 1982年09月08日
価格 定価 : 本体960円(税別)
ISBN 978-4-06-158574-4
通巻番号 574
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社学術文庫

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス