ビタミンの新栄養学

ビタミンノシンエイヨウガク
ビタミンの新栄養学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ビタミンは壊れやすく代謝も複雑で、相互作用の研究も新しい。基礎知識から研究の成果、食事摂取基準を解説。サプリメントや服薬との作用などにも言及した。学生、食品・栄養系の教員、学生、研究者必読書。

目次

  • 第1編 ビタミン総論
  •  第1章 ビタミン
  • 第2編 ビタミン発見の歴史
  •  第1章 脚気の克服:白米の多食からビタミンB1の発見へ(日本)
  •  第2章 ペラグラの克服:トウモロコシの多食からナイアシンの発見へ(米国)
  •  第3章 壊血病の克服:ビタミンCの発見
  •  第4章 他のビタミン欠乏症:欠乏食を食べ続けるとどれくらいの期間で欠乏症が現れるか
  •  第5章 ビタミンの不足と欠乏の診断
  • 第3編 ビタミンの化学と代謝
  •  第1章 ビタミンとは
  •  第2章 ビタミンの生細胞中の形態と摂取時の形態
  •  第3章 消化過程、吸収機構、輸送形式、貯蔵形態、
  • 活性型への合成経路、異化代謝
  •  第4章 ビタミン様物質:バイオファクター
  • 第4編 ビタミンの役割
  •  第1章 視覚機能:ビタミンA
  •  第2章 ホルモン様作用ビタミンA、ビタミンD、ビタミンK
  •  第3章 抗酸化作用:ビタミンE、ビタミンC、ビタミンA
  •  第4章 補酵素機能:B群ビタミン、ビタミンK
  •  第5章 情報伝達機能
  •  第6章 その他の機能:B群ビタミン
  •  第7章 補因子機能:ビタミンC
  • 第5編 ビタミンの必要量に影響をおよぼす因子
  •  第1章 栄養性因子
  •  第2章 内因性因子
  •  第3章 外因性因子
  •  第4章 遺伝性因子
  • 第6編 ビタミンのライフステージごとの必要量
  •  第1章 食事摂取基準の目的:欠乏症からの回避のための基準
  •  第2章 成人における推定平均必要量あるいは目安量の算定根拠
  •  第3章 外挿方法
  •  第4章 耐容上限量
  • 第7編 ビタミンに関する最新知識の活用
  •  第1章 ビタミンの供給源
  •  第2章 ビタミンの食事調査とその評価方法
  •  第3章 ビタミンの栄養状態の評価方法
  •  第4章 ビタミンの定量方法
  •  第5章 ビタミンの安全性

製品情報

製品名 ビタミンの新栄養学
著者名 編:柴田 克己 編:福渡 努
発売日 2012年07月22日
価格 定価 : 本体4,800円(税別)
ISBN 978-4-06-156302-5
判型 B5
ページ数 256ページ