一絃の琴

講談社文庫
イチゲンノコト
一絃の琴
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

五歳で漂白の旅絵師の弾く一絃琴に魅入られた土佐の上士の娘苗は、その後の人生を琴に傾け尽す。師有伯への淡い恋心、不幸な結婚、土佐一絃琴の盛名を響かせた市橋塾、女弟子蘭子との確執。愛も憎しみも想いのすべてを一筋の糸に凝らした苗の生き方に、明治の女の矜恃と情念をみごと描出した長編小説。直木賞受賞

製品情報

製品名 一絃の琴
著者名 著:宮尾 登美子
発売日 1982年07月13日
価格 定価 : 本体629円(税別)
ISBN 978-4-06-131778-9
判型 A6
ページ数 402ページ
シリーズ 講談社文庫