美しすぎる「数」の世界 「金子みすゞの詩」で語る数論

ブルーバックス
ウツクシスギルスウノセカイカネコミスズノシデカタルスウロン
  • 電子あり
美しすぎる「数」の世界 「金子みすゞの詩」で語る数論
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「みえぬけれども あるんだよ」
――数の宇宙にひそんでいる、思いがけない現象におどろく。

ごくありふれた日常の情景を感性豊かにとらえた金子みすゞの詩。

ごくありふれた顔つきに見える数たちもまた、それぞれに個性的で、ふしぎな性質をもっている。

みすゞの詩に導かれて、数の世界の「美しさ」を知る旅へ――。

完全数、フェルマー数から、素数定理、相互法則まで。

まったく新しいアプローチで数論の魅力を語る入門書。


詩と美と数学と――。

●みんなちがって、みんないい――数にも個性がある

●かみさまは ちっちゃな はちのなかに――2つの素数のふしぎな関係

●みえぬけれども あるんだよ――素数の法則

●たあれが つくる――素因数の法則

●そらの おくには なにが ある――素数分布の法則を求めて

●ふしぎな まほうの せかいなの――2次式の奥へ

目次

  • はじめに――数の世界の魅力と金子みすゞの詩
  • 第1章 みんなちがって、みんないい――数にも個性がある
  • 第2章 かみさまは ちっちゃな はちのなかに――2つの素数のふしぎな関係
  • 第3章 たあれが つくる――素因数の法則
  • 第4章 みえぬけれども あるんだよ――素数の法則
  • 第5章 そらの おくには なにが ある――素数分布の法則を求めて
  • 第6章 ふしぎな まほうの せかいなの――2次式の奥へ
  • 第7章 さらに詳しく知りたい人のために
  • 詩と美と数学と

製品情報

製品名 美しすぎる「数」の世界 「金子みすゞの詩」で語る数論
著者名 著:清水 健一
発売日 2017年10月18日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-502036-4
判型 新書
ページ数 224ページ
電子版製品名 美しすぎる「数」の世界 「金子みすゞの詩」で語る数論
シリーズ ブルーバックス
初出 本書は、2005年にプレアデス出版から刊行された『詩で語る数論の世界』を加筆・修正のうえ、改題したものです。

おすすめの本

オンライン書店で見る