親鸞 完結篇(下)

講談社文庫
シンランカンケツヘンゲ
  • 電子あり
親鸞 完結篇(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

偉大な師にして父親の親鸞に認めてもらおうと善鸞は東国行きを志願するが、父子の懸隔はかえって広がる。一方で最後の闘いの時も迫っていた。怪僧・覚蓮坊、謎の女借上・竜夫人、若き日に出会ったツブテの弥七、黒面法師らとの、永く深い因業が解き明かされる。そして、九十歳で入滅――。渾身の三部作、完結。

目次

  • 雪の日の対話
  • 妙禅房からの誘い
  • 父と子の対話
  • 送りツブテの日
  • 期待と失望
  • 星をかぞえて
  • 影の世界
  • 涼の立場
  • 東国からの噂
  • 網を引くとき
  • ツブテの遺言
  • 針木馬の館
  • 回想の人びと
  • せまりくる足音
  • 竜涎香の香り
  • 夢まぼろしのごとく
  • 群集と争乱
  • 心なえる日々
  • 大火に追われて
  • 季節のうつろい
  • 夜中に現れる者
  • 善法院の日々
  • 自然に還る
  • 九十年の歳月
  • あとがき
  • 解説 末國善己

製品情報

製品名 親鸞 完結篇(下)
著者名 著:五木 寛之
発売日 2016年05月13日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-293352-0
判型 A6
ページ数 416ページ
電子版製品名 親鸞(しんらん) 完結篇(下) 【五木寛之ノベリスク】
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2014年11月に小社から単行本として刊行されたものに一部加筆した下巻です。

著者紹介

著:五木 寛之(イツキ ヒロユキ)

1932年福岡県生まれ。朝鮮半島より引き揚げたのち、早稲田大学露文科に学ぶ。PR誌編集者、作詞家、ルポライターなどを経て、'66年『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞、'67年『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞、'76年『青春の門』(筑豊篇ほか)で吉川英治文学賞を受賞。'81年より一時休筆して京都の龍谷大学に学んだが、のち文壇に復帰。2002年にはそれまでの執筆活動に対して菊池寛賞を、英語版『TARIKI』が2002年度ブック・オブ・ザ・イヤースピリチュアル部門を、'04年には仏教伝道文化賞を、'09年にはNHK放送文化賞を受賞する。2010年に刊行された本書は第64回毎日出版文化賞を受賞し、ベストセラーとなった。代表作に『戒厳令の夜』、『風の王国』、『風に吹かれて』、『百寺巡礼』(日本版 全十巻)など。小説のほか、音楽、美術、歴史、仏教など多岐にわたる活動が注目されている。

オンライン書店で見る