奇跡を考える 科学と宗教

講談社学術文庫
キセキヲカンガエルカガクトシュウキョウ
奇跡を考える 科学と宗教
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「奇跡」とは、宗教的な現象である。魔術や超常現象とは異なる。奇跡は日常的に存在する、と著者は考える。
一方、科学という立場からは、奇跡を認めないように思える。これは科学そのものが一般的な常識から遠く離れた、特殊な体系になっていることが理由である。

奇跡の捉え方をヨーロッパの知識の歴史にたどり、また宗教と科学それぞれの論理とことばの違いを明らかにし、奇跡の本質にせまる。

そのうえで、科学思想すら一種の宗教であり、人間を超える存在を「神」と呼ぶか「科学」と呼ぶかの違いしかないことを、著者は証明する。

唯物史観の限界を超える思想を、改めて構築する試み。

製品情報

製品名 奇跡を考える 科学と宗教
著者名 著:村上 陽一郎
発売日 2014年12月10日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-292269-2
判型 A6
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、1996年11月、岩波書店より「叢書 現代の宗教」第七巻『奇跡を考える』として刊行されました。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV