経済学再入門

講談社学術文庫
ケイザイガクサイニュウモン
  • 電子あり
経済学再入門
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本書は、経済思想史を俯瞰したうえで、経済学でよく使われるキーワード(「市場」「競争」「均衡」「独占」「失業」「制度」「希少性」など)を再検討します。すると、経済学タームはかなりの多義性をもっていることが判明します。
経済学の現在から距離をとって、歴史的視野を持つことによって、さまざまな問題が存在したし、依然として存在することが見えてきます。
そういったなかで、最近過小評価されていると思われる「ケインズ革命」の意義や、市場至上主義を掲げるシカゴ学派の祖フランク・ナイトは、単純な市場主義者ではなかったりしたことに光をあて、経済思想の歴史を大きく振り返ります。
経済学の分野でも「多様性」は絶滅に瀕していますが、複雑な現実は、多様な思想なくしては理解できません。
経済学を学ぶ意義を改めて問い直します。

目次

  •   学術文庫版まえがき
  •   まえがき
  • 第一章 「市場メカニズム」について
  •   「見えざる手」  市場メカニズムは万能なのか  フリードマンの経済哲学    環境問題を解決するには  「潜在競争」こそが「独占」への対策  教育も市場  に委ねる  フランク・ナイトの経済哲学  市場メカニズムの欠陥も考察  古典 派の「競争」と「均衡」  「合理的な愚か者」  科学としての経済学
  • 第二章 社会主義崩壊の衝撃
  •   資本主義の危機  『貧乏物語』の影響力  シュンペーターの資本主義減退論  ハイエクの知識論  「自由主義」vs.「計画経済」? 多様な「資本主義」を比較  する  「市場原理主義」の勝利?
  • 第三章 『一般理論』は「革命」だったのか
  •   クルーグマンの『一般理論』序文  「ケインズ革命」再考  「正統派との訣別」  公共投資の合理的根拠  「ケインズから得るものはありませんでした」  ケイ  ンズにおける「短期」と「長期」  貨幣の非中立性  『一般理論』は「長期雇用  理論」?
  • 第四章 「ケインジアン」分裂の帰結
  •   「新古典派総合」とは何か  「新古典派総合」の問題点  需給均衡に代わる  価格理論  方法論上の対立  自然失業率仮説と合理的期待形成  ケイン  ズ経済学のゆくえ  マーシャルのメッセージ
  • 「あとがき」に代えて
  •   経済学に学派は必要なのか 経済学の画一化をどう考えるか
  •    索引

製品情報

製品名 経済学再入門
著者名 著:根井 雅弘
発売日 2014年04月10日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-292230-2
判型 A6
ページ数 200ページ
電子版製品名 経済学再入門
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本「経済学とは何か」は、2008年に中央公論新社より刊行。

著者紹介

著:根井 雅弘(ネイ マサヒロ)

根井雅弘(ねい・まさひろ)
1962年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。京都大学大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士。現在、京都大学教授。専攻は現代経済思想史。主な著書に、『経済学の歴史』『物語 現代経済学』『経済学のことば』『市場主義のたそがれ』『ケインズとシュンペーター:現代経済学への遺産』など多数ある。

オンライン書店で見る