2025年 日本の農業ビジネス

講談社現代新書
2025ネンニホンノノウギョウビジネス
2025年 日本の農業ビジネス
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

低迷する日本経済復活の切り札は「農業輸出大国化」だ!
経済・IT・農政のプロたちが描く、新たな農業のビジネスモデルと力強い未来像。

【担当者挨拶】 

「もっと大規模化、もっと企業による組織化が進まなければ、日本の農業に未来はありません」。最初、研究会のメンバー――いずれも農業・農政の専門家――が口々にそう主張するのを末席で拝聴しながら、正直な話、私は強い反発を覚えていました。「じゃあ、安い輸入品に押されながらも、なんとか細々と続けている小規模農家はどうするんだ」と。元来、私は疑り深い性格なので、話を聞いているうちに、「経団連のシンクタンクで行われている研究会だから、はじめから企業寄りのスタンスで結論を出そうとしているんじゃないか」と勘ぐったこともありました。しかし、あるメンバーの次の一言が耳に刺さりました。「日本は農業を守ることにこだわりすぎて、結果的に農業を衰退させてしまったんだと思います」。それから、約半年にわたって、メンバーの皆さんの話を聞き続けました。「日本の農産物の中には、海外で人気が出そうなものがたくさんあるのに、制度やシステムの不備によって『農業輸出大国』になりきれずにいる」「これまでの日本の農政が農業を衰退させてきただけでなく、消費者に高い負担を強い続けてきた」「ITや農政改革、国家戦略特区の創設によって、新しい農業のスタイルが少しずつ日本にも誕生しつつある」……。こうした話を聞き、そして実際に自分でも調べてみることで、「なるほど」と思うことが次第に増えていきました。日本の農業の未来について書かれた本は、いくつか存在しますが、「制度」や「構造」といったマクロな視点から、「何が問題で」「どうすればいいのか」をしっかり論じた本は意外とありません。本書は、農政・IT・経済そして農業の専門家が、それぞれの分野から「日本農業の未来」を分析した真面目でかつわかりやすい本です。日本の農業の未来を案じる方、そして以前の私のように「農業の組織化・大規模化」に対してなんとなく警戒心や反発を感じる方にこそぜひ読んでいただけたらと思っています。ちょっと制度や仕組みや考え方が変われば、すぐに日本農業の明るい未来が見えてくるはずです。(HA)

目次

  • 1 農業輸出大国への道                   大泉一貫
  • 2 自由貿易はチャンスである                本間正義
  • 3 デジタル農業の時代                    森川博之
  • 4 農政の誤りを正せば日本農業は必ず伸びる     山下一仁
  • 5 農業の岩盤規制に風穴をあける            八田達夫
  • 6 2025年 日本農業はこう変わる             大泉一貫
  • コラム これが日本農業の新しいビジネスモデルだ   青山浩子 
  • コラム                青山浩子

製品情報

製品名 2025年 日本の農業ビジネス
著者名 編:21世紀政策研究所
発売日 2017年03月14日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-288418-1
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

編:21世紀政策研究所(21セイキセイサクケンキュウジョ)

経済団体連合会(現・日本経済団体連合会)のシンクタンクとして1997年に創設。公共政策に関する政策提言を行ってきたが、2007年より、内外の学者・研究者・政治家らが参加し、新たな政策のあり方を広く研究・議論する「開かれたシンクタンク」として注目を集めている。研究テーマは成長戦略、外交、税財政・金融・社会保障、環境・エネルギー、農業など広範な領域にわたる。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV