愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか

講談社現代新書
アイトキョウランノメリークリスマスナゼイキョウトノサイテンガニホンカシタノカ
  • 電子あり
愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 あなたは、ふしぎに思ったことがないだろうか?

 「なぜ日本人は、キリスト教信者でもないのに、クリスマスを特別行事と見なして、毎年毎年、あんなに大騒ぎするんだろう?」


 本書は、「日本におけるクリスマス祝祭の歴史」を丹念に追いながら、この謎に迫ってゆくスリリングな教養書である。1549年のキリスト教伝来から始まる「降誕祭」の様子を、史料から細かく辿っていった。

 実際に辿ってみると、「クリスマスにおける狂瀾」は、明治時代から始まったことがわかる。現在の、「恋人たちのクリスマス」は、明治の馬鹿騒ぎの流れの末にある、と考えられるのだ。そしてその、恋人たちのクリスマスのルーツは、実は、日露戦争の勝利にあることにも気づくだろう。

 本書を読み進めるとやがて、「日本のクリスマス大騒ぎ」というものが、力で押してくるキリスト教文化の厄介な侵入を――彼らを怒らせることなく――防ぎ、やり過ごしていくための、「日本人ならではの知恵」だったのか! と納得するであろう。「恋人たちのクリスマス」という逸脱も、その「知恵」の延長線上にあったのである。

 さあ、キリスト教伝来500年史を辿り、クリスマスをめぐる極上の「日本史ミステリー」を味わってみましょう。


<目次>
序  火あぶりにされたサンタクロース
1章 なぜ12月25日になったのか
2章 戦国日本のまじめなクリスマス
3章 隠れた人と流された人の江戸クリスマス
4章 明治新政府はキリスト教を許さない
5章  「他者の物珍しい祭り」だった明治前期
6章 クリスマス馬鹿騒ぎは1906年から始まった
7章 どんどん華やかになってゆく大正年間
8章 クリスマスイブを踊り抜く昭和初期
9章 戦時下の日本人はクリスマスをどう過ごしたか
10章 敗戦国日本は、狂瀾する
11章 戦前の騒ぎを語らぬふしぎ
12章 高度成長期の男たちは、家に帰っていった
13章 1970年代、鎮まる男、跳ねる女
14章 恋する男は「ロマンチック」を強いられる
15章 ロマンチック戦線から離脱する若者たち
終章 日本とキリスト教はそれぞれを侵さない

目次

  • 序  火あぶりにされたサンタクロース
  • レヴィ=ストロースの見解/資本主義的クリスマスのアイコン ほか
  • 1章 なぜ12月25日になったのか
  • いつ生まれたかはわからない/テオドシウスははめられた ほか
  • 2章 戦国日本のまじめなクリスマス
  • ザビエルの布教/京都での布教活動/信長と秀吉の教え ほか
  • 3章 隠れた人と流された人の江戸クリスマス
  • 鎖国の真実/漂流者たちの見聞 ほか
  • 4章 明治新政府はキリスト教を許さない
  • あくまで黙許/大日本帝国憲法28条の真意 ほか
  • 5章  「他者の物珍しい祭り」だった明治前期
  • 神田祭のような気持ちで/千人にのし餅を配る
  • 6章 クリスマス馬鹿騒ぎは1906年から始まった
  • 少女作家のクリスマス小説/教会での軍歌/余興に落語や講談 ほか
  • 7章 どんどん華やかになってゆく大正年間
  • 日光東照宮の飾りの中に/クリスマス休戦
  • 8章 クリスマスイブを踊り抜く昭和初期
  • クリスマスの夜に汚物をまく/満州事変くらいでは熱狂はおさまらない ほか
  • 9章 戦時下の日本人はクリスマスをどう過ごしたか
  • 8年間の異様な時期/警視庁の取り締まり宣言/「小癪なXマスの贈物」 ほか
  • 10章 敗戦国日本は、狂瀾する
  • 明確な乱痴気騒ぎ/天声人語の苦言/「一夜あければ『よごれし、この朝』」 ほか
  • 11章 戦前の騒ぎを語らぬふしぎ
  • ひとつの人格の裏表/キリスト教徒ではないから、騒ぐ ほか
  • 12章 高度成長期の男たちは、家に帰っていった
  • ホームクリスマスが盛んに/イブに起きた新宿ツリー爆弾事件 ほか
  • 13章 1970年代、鎮まる男、跳ねる女
  • 消費の主体は男性から女性へ/子供向けイベントへの収束 ほか
  • 14章 恋する男は「ロマンチック」を強いられる
  • 「アンノン族」の登場と新しい消費/「キラキラした部分」が好き ほか
  • 15章 ロマンチック戦線から離脱する若者たち
  • クリスマス・ファシズム/騒ぎの鎮静化とハロウィン ほか
  • 終章 日本とキリスト教はそれぞれを侵さない

製品情報

製品名 愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか
著者名 著:堀井 憲一郎
発売日 2017年10月18日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-288401-3
判型 新書
ページ数 256ページ
電子版製品名 愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:堀井 憲一郎(ホリイ ケンイチロウ)

1958年生まれ。京都市出身のコラムニスト。著書に、『若者殺しの時代』『落語論』『落語の国からのぞいてみれば』『江戸の気分』『いつだって大変な時 代』(以上、講談社現代新書)、『かつて誰も調べなかった100の謎』(文藝春秋)、『東京ディズニーリゾート便利帖』(新潮社)、『ねじれの国、日本』 (新潮新書)、『いますぐ書け、の文章法』(ちくま新書)、『恋するディズニー 別れるディズニー』(新潮文庫)などがある。

オンライン書店で見る