ぼくが探偵だった夏 少年浅見光彦の冒険

青い鳥文庫
ボクガタンテイダッタナツショウネンアサミミツヒコノボウケン
ぼくが探偵だった夏 少年浅見光彦の冒険
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

●小学5年生の浅見光彦のクラスに本島衣理という転校生がやってくる。席が隣同士になったものの、光彦の第一印象は最悪だった。ただでさえ女という生き物が苦手な光彦には、これから憂鬱な毎日が続きそうだ。ところが、夏休みで毎年訪れる軽井沢で、光彦は衣理と顔を合わせることになる。そして、光彦は衣理から最近軽井沢で行方不明になったという女性の話を聞かされるのだった。興味を惹かれた光彦が、友人の峰男と衣理も一緒に現場に行ってみたところ、そこで怪しげな男を目撃する……。

製品情報

製品名 ぼくが探偵だった夏 少年浅見光彦の冒険
著者名 著:内田 康夫 絵:青山 浩行
発売日 2013年07月12日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-285368-2
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫

著者紹介

著:内田 康夫(ウチダ ヤスオ)

1934年東京生まれ。テレビCM製作会社経営を経て、『死者の木霊』でデビュー。以後、数々のミステリーを発表し、「浅見光彦シリーズ」や「岡部警部シリーズ」「信濃のコロンボシリーズ」などで人気を博す。

絵:青山 浩行(アオヤマ ヒロユキ)

イラストレーター、アニメーター。『時をかける少女』『サマーウォーズ』など主に映画の作画を手がける。青い鳥文庫「名探偵ホームズ」シリーズ全16冊の挿画を手がけている。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス