親鸞(下)

講談社文庫
シンラン
  • 電子あり
親鸞(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

親鸞は比叡山での命がけの修行にも悟りを得られず、六角堂へ百日参籠を決意する。そこで待っていたのは美しい謎の女人、紫野との出会いだった。彼が全てを捨て山をおりる決意をした頃、都には陰謀と弾圧の嵐が吹き荒れていた。そして親鸞の命を狙う黒面法師。法然とともに流罪となった彼は越後へ旅立つ。

目次

  • 吉水の草庵にて
  • 選択ということ
  • 法然上人の目
  • 春の夜の誘惑
  • 犬麻呂と綽空
  • 迫りくる嵐の予感
  • 異端の渦の中で
  • 餌取小路の夜
  • 七ヵ条の起請文
  • 恵信の選択
  • 綽空から善信へ
  • 遠雷の夏
  • 法勝寺炎上
  • 首斬られ念仏
  • 別れと旅立ちのとき
  • 愚禿親鸞の海
  • あとがき

製品情報

製品名 親鸞(下)
著者名 著:五木寛之
発売日 2011年10月14日
価格 定価 : 本体562円(税別)
ISBN 978-4-06-277061-3
判型 A6
ページ数 384ページ
電子版製品名 親鸞(しんらん)(下) 【五木寛之ノベリスク】
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2010年1月に小社から刊行された単行本「親鸞」の下巻。

著者紹介

著:五木寛之(イツキヒロユキ)

1932年福岡県生まれ。朝鮮半島より引き揚げたのち、早稲田大学露文科に学ぶ。PR誌編集者、作詞家、ルポライターなどを経て、'66年『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞、'67年『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞、'76年『青春の門』(筑豊篇ほか)で吉川英治文学賞を受賞。'81年より一時休筆して京都の龍谷大学に学んだが、のち文壇に復帰。2002年にはそれまでの執筆活動に対して菊池寛賞を、英語版『TARIKI』が2002年度ブック・オブ・ザ・イヤースピリチュアル部門を、'04年には仏教伝道文化賞を、'09年にはNHK放送文化賞を受賞する。2010年に刊行された本書は第64回毎日出版文化賞を受賞し、ベストセラーとなった。代表作に『戒厳令の夜』、『風の王国』、『風に吹かれて』、『百寺巡礼』(日本版 全十巻)など。小説のほか、音楽、美術、歴史、仏教など多岐にわたる活動が注目されている。

オンライン書店で見る