運が99%戦略は1% インド人の超発想法

講談社+α新書
ウンガ99%センリャクハ1%インドジンノチョウハッソウホウ
  • 電子あり
運が99%戦略は1% インド人の超発想法
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

世界的企業のトップを次々と輩出するインド工科大学が、著者の山田真美氏に「わが校に日本の文化を教えにきなさい」と声をかけた。
グーグルやマイクロソフト、日本ではソフトバンクの幹部も、同大出身者なのはよく知られている。ちなみに、アメリカ航空宇宙局NASAも4人にひとりがインド人技術者。果たして同大に学ぶ生徒とはどのような人材か?
さらに、インドに10年近く居住し、1990年よりブリタニカ国際年鑑でインドの内政・経済・外交記事を担当、各界の人物にも会ってきた山田氏。その氏が、「大部分のインド人は、最初に会ったときがいちばんすごい」と述べるインド人のプレゼン上手さ。日本人はその逆、自分をできるだけ小さく評価するが、良いところをあとから次々出してくる。一事が万事、身をもって日本人とインド人の「すごい違い」と、日本人には目からうろこの「強み」があるのを実感。その比較と分析を痛快に語る。

目次

  • 第一章 「運が99%」の法則がインド人のやる気の原動力
  • 第二章 理系音痴の私が、インド工科大学の教壇へ
  • 第三章 おふくろの味をほめることがインド人攻略の秘訣
  • 第四章 なぜインド人は日本人をひいきするのか
  • 第五章 インドの算数が世界的経営者を輩出させたのか
  • 第六章 インド人とのつきあいで日本人が困惑するベスト3
  • 第七章 日本に広がる印僑ネットワークの現実
  • 第八章 日本とインドの明日を予測させる四人の学生たち

製品情報

製品名 運が99%戦略は1% インド人の超発想法
著者名 著:山田 真美
発売日 2016年05月20日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-272937-6
判型 新書
ページ数 256ページ
電子版製品名 運が99%戦略は1% インド人の超発想法
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:山田 真美(ヤマダ マミ)

やまだ・まみ―作家・博士(人文科学)・インド工科大学客員助教授・公益財団法人日印協会理事・明治学院大学特命教授。
1960年、長野県生まれ。明治学院大学経済学部卒業後、オーストラリアのニュー・サウス・ウェールズ大学大学院で海洋学、インドのデリー大学大学院でインド哲学を研究。2009年、高野山大学大学院修士課程修了、修士(密教学)。2014年、お茶の水女子大学大学院博士課程修了。博士論文のテーマは『カウラ事件の研究』。1990年よりインド文化関係評議会の招聘を受けインド神話を調査研究。1996年より2001年までニューデリー在住。1996年より毎年『ブリタニカ国際年鑑』のインドの内政・経済・外交記事を担当。2001年、日印芸術研究所(インド政府認可法人)言語センター長就任。著書に『ロスト・オフィサー』『死との対話』(ともにスパイス刊)、『夜明けの晩に(上・下)』『ブースケとパンダの英語でスパイ大作戦』(すべて幻冬舎刊)など多数。
ホームページ:yamadamami.com

オンライン書店で見る