連続講義 現代日本の四つの危機 哲学からの挑戦

講談社選書メチエ
レンゾクコウギゲンダイニホンノヨッツノキキテツガクカラノチョウセン
  • 電子あり
連続講義 現代日本の四つの危機 哲学からの挑戦
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本書は、2014年9月から2015年1月にかけて高千穂大学で行われた連続講義を基にしたものである。日本を代表すると言っても過言ではない12名の哲学者たちが、一般の聴衆を前に「現代日本の危機」を提示し、その打開策を探る「哲学からの挑戦」の試みは、大きな反響を呼んだ。本書は、熱のこもった会場の模様を再現することを目指し、ライヴ感あふれる口語体による連続講義として編まれる。編集には、現在注目を集めている気鋭の哲学者があたった。
「実学優先」が叫ばれ、「哲学や人文学など不要だ」という暴論まで平気で口にされる現状の中で、「知」の拠点であるはずの大学は、まさしく存亡の危機にある。また、インターネットをはじめとする情報通信技術の発展によって、グローバルな規模でのコミュニケーションは確かに加速したが、逆説的にも、それに比例して「ことば」はただの消費材と化し、思慮ある議論の場は急速に失われつつある。そうして、一見、高度に成熟したように見える社会の背後では、人が生まれて死ぬという「いのち」の事実に対する感性は鈍くなり、世界各地でテロをはじめとする、従来の観念では捉えきれない「戦争」の現実味がかつてなく高まっていることは言うまでもない。
本書は、ここに掲げられた「知」、「ことば」、「いのち」、「戦争」という「四つの危機」を正面から取り上げ、立ち向かおうとした哲学者たちによる真剣な格闘の記録である。歴史を振り返れば、哲学はいつも時代の危機と闘う役割を担ってきた。哲学によってしか打破できない危機があり、哲学によってしか切り拓かれない未来がある。その未来の姿は、本書の中で生きた言葉を通して指し示されている。

目次

  • はじめに(齋藤元紀)
  • 第I部 知の危機
  • 第1講 日本の近代化と啓蒙の意義と課題(牧野英二(法政大学教授))
  • 第2講 現代における心の危機と哲学(信原幸弘(東京大学教授))
  • 第3講 大学の危機と哲学の問い(西山雄二(首都大学東京准教授))
  • 第II部 ことばの危機
  • 第4講 対話としての哲学の射程(梶谷真司(東京大学教授))
  • 第5講 民主主義の危機と哲学的対話の試み(小野原雅夫(福島大学教授))
  • 第6講 言葉が開く宇宙─―『おくのほそ道』に学ぶ(魚住孝至(放送大学教授))
  • 第III部 いのちの危機
  • 第7講 危機の/と固有性、あるいは危機の形而上学(斎藤慶典(慶應義塾大学教授))
  • 第8講 「世界の終わり」と世代の問題(森 一郎(東北大学教授))
  • 第9講 危機の時代とハイデガー(高田珠樹(大阪大学教授))
  • 第IV部 戦争の危機
  • 第10講 戦争と戦争のあいだ(澤田 直(立教大学教授))
  • 第11講 〈アウシュヴィッツ以後〉の哲学(宮崎裕助(新潟大学准教授))
  • 第12講 はじまりについて(矢野久美子(フェリス女学院大学教授))
  • おわりに(齋藤元紀)

製品情報

製品名 連続講義 現代日本の四つの危機 哲学からの挑戦
著者名 編:齋藤 元紀
発売日 2015年08月11日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-258608-5
判型 四六
ページ数 352ページ
電子版製品名 連続講義 現代日本の四つの危機 哲学からの挑戦
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

編:齋藤 元紀(サイトウ モトキ)

1968年生まれ。2002年、法政大学大学院人文科学研究科哲学専攻博士課程単位取得退学。博士(哲学)。現在、高千穂大学人間科学部教授。専門は、哲学・倫理学・思想史。著書に、『存在の解釈学』(法政大学出版局、2012年)、『ハイデガー読本』(共著、法政大学出版局、2014年)ほか。訳書に、トム・ロックモア『カントの航跡のなかで』(共訳、法政大学出版局、2008年)ほか。

オンライン書店で見る