活断層地震はどこまで予測できるか 日本列島で今起きていること

ブルーバックス
カツダンソウジシンハドコマデヨソクデキルカニホンレットウデイマオキテイルコト
  • 電子あり
活断層地震はどこまで予測できるか 日本列島で今起きていること
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

熊本、鳥取、福島沖──なぜ、大地震が頻発するのか?
活断層の動きが活発化する「地震の活動期」に入ったのか?
日本列島に走る活断層の数は2000以上。
活断層とは何か? 直下型地震はどうして起きるのか?
今知りたい疑問に答えます。

地震とは、地殻内にたまった歪みが断層を通じて一瞬のうちに解放される現象です。日本列島には、確認されているだけで2000以上の活断層が存在し、互いに複雑に影響しあっています。ひとたび地震が起きれば、その歪みが別の活断層へと伝播し、新たな地震へと連鎖する構造になっているのです。今もどこかで次の地震を引き起こす「火種」はくすぶりつづけている──これが私たちが住む日本列島なのです。次の地震はいつ、どこで起きるのか? 活断層と直下型地震のメカニズムと最新の研究成果を豊富な図と写真でわかりやすく解説します。

これからも容赦なく大地震は起こり続けます。建物は強くできても、地震を制御できるわけではありません。過密化した都市直下での内陸地震は、まだ阪神・淡路大震災以降経験していません。今後想定もしていない被害がもたらされる可能性があります。私の行ってきた活断層研究が地震の予測や防災・減災にすぐに役立つとは考えていませんが、地学現象のひとつとしての活断層を理解していただくことが、防災・減災にも遠回しに繋がるのではないかと考えています。(あとがきより)

目次

  • プロローグ 熊本地震
  • 第1章 日本を襲う2種類の地震
  • 第2章 地震と断層
  • 第3章 活断層はどこまで解明されたか
  • 第4章 内陸地震を予測する
  • 第5章 内陸地震のハザード評価
  • 第6章 平成28年熊本地震はどのような地震だったのか
  • 第7章 地震は連鎖する──活断層地震の「火種」とは
  • 第8章 直下型地震に備える

製品情報

製品名 活断層地震はどこまで予測できるか 日本列島で今起きていること
著者名 著:遠田 晋次
発売日 2016年12月13日
価格 定価 : 本体960円(税別)
ISBN 978-4-06-257995-7
判型 新書
ページ数 264ページ
電子版製品名 活断層地震はどこまで予測できるか 日本列島で今起きていること
シリーズ ブルーバックス

著者紹介

著:遠田 晋次(トオダ シンジ)

1966年宮崎県生まれ。東北大学災害科学国際研究所教授。理学博士。鹿児島大学理学部卒業、東北大学大学院理学研究科前期博士課程修了、電力中央研究所、同所属中に米国地質調査所(USGS)客員研究員、東京大学地震研究所助手、産業技術総合研究所活断層研究センター研究員、京都大学防災研究所准教授を経て2012年10月より現職。専門分野は地震地質学。著書に『連鎖する大地震』(岩波科学ライブラリー)がある。

おすすめの本

オンライン書店で見る