忘れる女、忘れられる女

文芸
ワスレルオンナワスレラレルオンナ
  • 電子あり
忘れる女、忘れられる女
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

製品情報

製品名 忘れる女、忘れられる女
著者名 著:酒井 順子
発売日 2017年10月25日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-220808-6
判型 新書
ページ数 240ページ
電子版製品名 忘れる女、忘れられる女
初出 「週刊現代」2016年7月9日号~2017年8月19・26日合併号連載より2017年5月6・13日合併号を除く49本を掲載しております。

著者紹介

著:酒井 順子(サカイ ジュンコ)

酒井順子(さかい・じゅんこ)
1966年東京生まれ。2003年、『負け犬の遠吠え』で婦人公論文芸賞、講談社エッセイ賞を受賞。近刊に『オリーブの罠』『裏が、幸せ。』『中年だって生きている』『子の無い人生』『ananの嘘』『男尊女子』など著書多数。『その人、独身?』『駆け込み、セーフ?』『いつから、中年?』『女も、不況?』『こんなの、はじめて?』『昔は、よかった?』『もう、忘れたの?』『そんなに、変わった?』『泣いたの、バレた?』『気付くのが遅すぎて、』『朝からスキャンダル』に続き、週刊現代の人気連載をまとめたのが本書である。

オンライン書店で見る