忘れる女、忘れられる女

講談社文庫
ワスレルオンナワスレラレルオンナ
  • 電子あり
忘れる女、忘れられる女
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なかったことに、して欲しい。  

オフショルおばさんの露出、SNSの自意識管理、
首相夫人のフットワーク、衰え知らずの不倫祭りーー。                                  
忘れっぽさは新たな世界への入り口
ロングランエッセイ最新文庫!

子ナシ独身女性知事誕生に感慨を覚え、眞子さま婚約に「コムる」男の増加を予感。衰え知らずのスキャンダル市場では「録られる」恐怖に慄いて――。政治、芸能、SNS、一度犯したしくじりが消えにくい時代、忘れることはむしろ幸福をよび新しい世界を連れてくる? 今を切り取るロングランエッセイ第12弾。

製品情報

製品名 忘れる女、忘れられる女
著者名 著:酒井 順子
発売日 2020年07月15日
価格 定価 : 本体630円(税別)
ISBN 978-4-06-520124-4
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は「週刊現代」2016年7月9日号~2017年8月19・26日合併号の連載より2017年5月6・13日合併号を除く49本を掲載し、2017年10月に小社より単行本として刊行されました。文庫化にあたり、一部加筆修正を行いました。

著者紹介

著:酒井 順子(サカイ ジュンコ)

1966年東京生まれ。2003年、『負け犬の遠吠え』で婦人公論文芸賞、講談社エッセイ賞を受賞。『オリーブの罠』『子の無い人生』『男尊女子』『百年の女 「婦人公論」が見た大正、昭和、平成』『次の人、どうぞ!』『家族終了』『平安ガールフレンズ』など著書多数。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る