ビギナーズ・ドラッグ

文芸
ビギナーズドラッグ
  • 電子あり
ビギナーズ・ドラッグ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

あきらめない。何があっても。

難病に侵された思い人のために何ができるのか。
彼が選んだのは、治療薬を創るという無謀な挑戦だった。

いつだってひたむきな情熱は世界を変える。
「化学探偵Mr.キュリー」の著者が贈る意欲作!


中堅製薬会社・旭日製薬で事務職を勤める水田恵輔は、祖父が入居する老人ホームで出会った車椅子の女性・滝宮千夏に魅了され一目惚れをするも、彼女が治療不可能な難病に侵されていると知る。彼女のために自分は何もできないのか。悩む恵輔は、新規創薬テーマ募集の掲示を目にし、治療薬が無いなら創ればいいのだと思い立つ。同期の研究員・綾川理沙を巻き込み準備を始める恵輔だったが、創薬素人の思いつきに対する周囲の風当たりは強く……。

次々と立ちはだかる困難、進行する千夏の病魔、恵輔のひたむきな努力と情熱の結末は――。

製品情報

製品名 ビギナーズ・ドラッグ
著者名 著:喜多 喜久
発売日 2017年12月06日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-220752-2
判型 四六変型
ページ数 336ページ
電子版製品名 ビギナーズ・ドラッグ

著者紹介

著:喜多 喜久(キタ ヨシヒサ)

1979年、徳島県生まれ。東京大学大学院薬学系研究科修士課程修了。大手製薬会社で研究員を務めていた。第9回「このミステリーがすごい!」大賞にて優秀賞を受賞(原題「有機をもって恋をせよ」)。2011年、受賞作を加筆した『ラブ・ケミストリー』でデビュー。主な著書に、『二重螺旋の誘拐』、『創薬探偵から祝福を』、『桐島教授の研究報告書 テロメアと吸血鬼の謎』、『アルパカ探偵、街を行く』、『リケコイ。』、『リケジョ探偵の謎解きラボ 』、「化学探偵Mr.キュリー」シリーズがある。

オンライン書店で見る