溝猫長屋 祠之怪

文芸
ドブネコナガヤホコラノカイ
  • 電子あり
溝猫長屋 祠之怪
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

幽霊を「嗅ぐ」「聞く」「見る」
ならどれがいい?     

怖いけど痛快!  

大人気『古道具屋 皆塵堂』シリーズに続く新作登場!

祠(ほこら)は「子供の守り神」それとも……

忠次たちが住む溝猫(どぶねこ)長屋には、三月十日の時点で最年長の男の子たちが、
長屋の奥にある祠を毎朝お参りする決まりがある。
その祠を拝むようになってから子供たちは「幽霊が分かる」ように。
祠にはどんな謂(いわ)れが? なぜ「分かる」ように? 
そして忠次と同い年の銀太、新七、留吉らに苦難の日々が始まった――

製品情報

製品名 溝猫長屋 祠之怪
著者名 著:輪渡颯介
発売日 2016年11月09日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-220317-3
判型 四六
ページ数 216ページ
電子版製品名 溝猫長屋 祠之怪

オンライン書店で見る