仮面の改革派・渡辺喜美

ノンフィクション・学芸(単行本)
カメンノカイカクハワタナベヨシミ
  • 電子あり
仮面の改革派・渡辺喜美
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

政策秘書が間近で見た、渡辺喜美の迷走と、みんなの党分裂の一部始終。「政策の党」はなぜ、かくも無残に崩壊したのか?

地下の駐車場の車に向かう直前、渡辺代表は「みんなの党の修正案は?」と私に聞かれました。自分用と代表用2部しかない旨答えると、「(これから安倍総理に直接説明するのだから)段取り悪いな」と言って、足早に車に向かわれました。酒食を共にする場で、まさかこのような重要法案に対する修正案を説明するなど誰が想像するでしょう。――(本文より)

【本書の構成】
1 政策担当秘書とは?
2 渡辺代表との出会い 2012年9月11日
3 衆議院議員選挙 2012年12月16日
4 着任 2013年1月8日 
5 1回目の代表質問 2013年1月31日 
6 2回目の代表質問 2013年3月5日 
7 予算委員会 2013年4月2日 
8 党首討論 2013年4月17日 
9 日本維新の会との協力関係の解消 2013年5月21日
10 東京都議会議員選挙 2013年6月23日 
11 参議院議員選挙 2013年7月21日 
12 8月の政変その1 江田幹事長解任 2013年8月7日  
13 8月の政変その2 柿沢議員の追放 2013年8月23日 
14 政党ブロック構想 2013年8月~9月
15 特定秘密保護法案を巡る攻防 2013年10月~12月 
16 分裂 2013年12月9日 
17 解職 2013年12月9日

製品情報

製品名 仮面の改革派・渡辺喜美
著者名 著:室伏 謙一
発売日 2014年10月23日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-219174-6
判型 四六
ページ数 224ページ
電子版製品名 仮面の改革派・渡辺喜美

著者紹介

著:室伏 謙一(ムロフシ ケンイチ)

昭和47年静岡県生まれ。国際基督教大学(ICU)教養学部卒業、慶應義塾大学大学院法学研究科修了(法学修士)。総務省では規制改革、公害紛争処理や国際業務を、株式会社三井物産戦略研究所ではパブリックビジネス(PPP/PFI、規制改革、交通プロジェクト等)を、デロイトトーマツコンサルティング株式会社では公営企業民営化等を担当。平成25年1月から一年間、みんなの党代表(当時)の渡辺喜美衆議院議員の政策担当秘書を務め、みんなの党の盛衰をつぶさに経験、党分裂後辞職。政財官での実績を生かし、現在は株式会社政策工房客員研究員として政策企画・立案関連活動に従事。専門は政策・法令分析、規制改革、官民連携、公共交通・まちづくり政策。

オンライン書店で見る