教誨師

キョウカイシ
教誨師
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

2009年『死刑の基準』で、第32回講談社ノンフィクション賞、2011年『裁かれた命』で、第10回新潮ドキュメント賞、2013年『永山則夫―封印された鑑定記録』で、第4回いける本大賞をそれぞれ受賞。人が人を裁く意味を問い続け、高い評価を得てきた著者が、新作では、ある一人のベテラン教誨師の人生を追った。

許されざる罪を犯し、間近に処刑される運命を背負った死刑囚と対話を重ね、最後は死刑執行の現場にも立ち会う、教誨師。過酷なその仕事を戦後半世紀にわたって続け、死刑制度が持つ矛盾を一身に背負いながら生き切った僧侶の懊悩とは。

一筋縄ではいかない死刑囚たちと本音でぶつかりあい、執行の寸前までその魂の救済に向かおうとする教誨師の姿――。執行の場面では「死刑とは何か」「人を裁くとは何か」「人は人を救えるか」について深く考えさせらる。力作ノンフィクション。

目次

  • 序章    坂道
  • 第一章  教誨師への道
  • 第二章  ある日の教誨室
  • 第三章  生と死の狭間
  • 第四章  予兆
  • 第五章  娑婆の縁つきて
  • 第六章  倶会一処       
  • 終章   四九日の雪

製品情報

製品名 教誨師
著者名 著:堀川 惠子
発売日 2014年01月31日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-218741-1
判型 四六
ページ数 288ページ

著者紹介

著:堀川 惠子(ホリカワ ケイコ)

堀川惠子
1969年広島県生まれ。ジャーナリスト。フリーのドキュメンタリーディレクターとして番組制作に取り組むとともに、ノンフィクション作品を発表している。
『死刑の基準―「永山裁判」が遺したもの』(日本評論社・2009年)で、第32回講談社ノンフィクション賞を、『裁かれた命―死刑囚から届いた手紙』(講談社・2011年)で第10回新潮ドキュメント賞を、近刊の『永山則夫 封印された鑑定記録』(岩波書店・2013年)では、第4回いける本大賞をそれぞれ受賞した。
他の共著書に、『チンチン電車と女学生』(日本評論社・2005年)、『日本の戦争 BC級戦犯60年目の遺書』(アスコム・2007年)がある。
また、ディレクトした主なテレビ番組は、『ヒロシマ・戦禍の恋文』(NHK・2005年、ATP賞ドキュメンタリー優秀賞)、『死刑囚永山則夫~獄中28年間の対話~』(NHK-ETV特集・2009年、ギャラクシー賞大賞)、そして『永山則夫100時間の告白~封印された精神鑑定の真実~』(NHK・ETV特集・2012年)で第13回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞を受賞。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV